メイン | 2003年11月 »

2003年10月31日

関西オープンソース 初日

10月31日と11月1日に、関西オープンソース+フリーウェア2003 に参加した。

出張かーねる読書会
YLUG (横浜) でやっているカーネル読書会の 大阪 出張版に参加した。

司会は吉岡さん三浦さん。20名ほど参加。
いつものように自己紹介から始まる

LC2003 から3件発表
1.吉岡さんからメモリプロファイリングツールの紹介
キャシュ・ヒットミスの測定方法。
2.三浦さんから電力管理機構の裏話。
BIOSのmagic codeの発見は苦労が伺えます。
3.原田さんからCD版Secure Linux。
これはブートの途中で時間切れとなった。

ブース見学
コミニュティ系の展示を見て回りましたが、
コバルト・ユーザー会 の巫女さん がピカイチですね。

懇親会
近くの「カレー専門店 B」で行われた懇談会に参加した。
さらに、2次会、3次会と、12時過ぎまでハシゴした。

投稿者 ken : 23:01 | コメント (0) | トラックバック

2003年10月10日

Linux Kernel Conference

10月10日に、Linux Kernel Conference を聴講した。

● Rusty Russel氏
モジュール・ローダーという難易度が高い話題であったが、 Rustyの教訓というジョークを交えつつ進められたので、なんとなく分かった気にさせられました。
Divit Miller は僕より何十倍もノウハウを持ってるとか、 Richard Henderson の脳みそは僕よりも何十倍も多いとかなぞ、謙虚な話しぶりに好感を持ちました。

● Andrew Morton氏
カーネル 2.4 -> 2.6 の変更内容について、ジョーク一つ言わず、淡々と話してました。
話に山谷がなく、英語だったし、昼飯直後だったので、少し眠くなった。
色々なファイルシステムがサポートされているが、一番安定しているのは ext2 と ext3 とのこと。


投稿者 ken : 23:23 | コメント (0) | トラックバック