« 2003年12月 | メイン | 2004年02月 »

2004年01月31日

青色LED訴訟 発明の対価は200億円

発明者の権利が認められるのは、いいことだと思うが。
あまりに高額になると、新たな火種になりかねないですね。

ITmedia 1月30日
青色LED訴訟、発明の対価は200億円
青色LEDの発明者である中村修二氏が、発明当時在籍していた日亜化学工業に対し、発明の対価の一部として200億円の支払いを求めていた訴訟で、東京地裁は請求通り日亜側に200億円を支払うよう命じた。

従業員特許訴訟について、もっと読む...

投稿者 ken : 17:12 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月30日

大江戸線六本木駅に巨大マッコウ出現


小笠原村観光協会のキャンペーンとして、毎年9月に行われているようです。
私は見たことないですが。

鯨ポータル・サイト
大江戸線六本木駅に巨大マッコウ出現

東京都 交通局 平成13年8月30日
交通局では、大江戸線六本木駅構内の壁面に、小笠原諸島の近海に定住しているマッコウクジラのデザインをラッピング手法により施すことにしました。

投稿者 ken : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月29日

松元恵 フリーダイビング 日本新記録


APNEA WORKS
松元恵 選手 3種目の日本新記録を樹立
昨年ハワイ島で行われた『パシフィックカップ』から一年、USチームアナベル・ブリゼノ選手の世界記録挑戦を中心に、同国ビル・グラハム選手、日本から松元恵選手、オーストラリアからウォルター・ステイン選手がそれぞれの記録を更新すべく、ハワイ島コナの美しい海に再び集った。

前年の日本記録保持者は 高樹沙耶 さん

投稿者 ken : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月28日

利己的な遺伝子


ドーキンス「利己的な遺伝子」 を読む。

読むまでは、かなり難解なのでは思ってました。
実際読んでみると、平易な説明と適度な比喩により、すらすら読み進むことができました。
多少難解なところもありましたが、そこを理解できなくとも、読み進むには困らないです。
まあ、この学説が広く流布しているので、理論の展開に馴染みがあったということがあります。

読んでみて、初めて理解したことがあります。
なんとなく「利己的な遺伝子」というDNAがあると思っていたのですが。
遺伝子とは特定の組織を指すのではなく、遺伝という特性を持つ組織の最小の複合体を指すということです。
人や動物は、遺伝という特性を持つ組織の最大の複合体で、遺伝子の入れ物という表現をしています。

初めて知ったこともあります。
遺伝子とは、自己を複製し増殖するものと定義されます。
この特性を知識や文化に適用した「ミーム」という概念を提唱しています。
『君がぼくの頭に繁殖性のあるミームを植えつけるということは、文字とおり君がぼくの脳に寄生するということだ』
この雑文を読んでいる貴方も、なるほどなぁと思えば、寄生されたわけです

この学説はごく最近のものだと思っていました。
1976年に、イギリスで発行されました。約30年前ですね。
1980年に、日高敏隆 氏が翻訳して「生物=生存機械論」という題目で発行されました。
1991年に、「利己的な遺伝子」と改題され、第2版の翻訳が発行されました。
たぶん、話題になったのは、この頃なんでしょうね。
それでも、10年以上前ですね。


ちょっとググってみると。

松崎秀幸 利己的な遺伝子
我々は遺伝子という名の利己的な存在を生き残らせるべく盲目的にプログラムされたロボットなのだ

マルチメディア・インターネット辞典 利己的な遺伝子
イギリス人のリチャード・ドーキンス(Richard Dawkins/1941~)によって提唱されるようになった生物学における学説で、複製を「意識」して行っているわけではなく、単なる物理現象として複製し、複製をするときに、たまにコピーミスを犯して、徐々に違ったものへと変化し、「多様化」する。

量子論と複雑系のパラダイム 利己的な遺伝子
分子の結合により生命が偶然できる確率は、全宇宙の海から一本の針をさがすよりもありえないことだ。しかし私達はここにいる。

投稿者 ken : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月13日

祝 F*MARTさん 1000本


ダイビング仲間のF*MARTさんが1000本になりました。\(^o^)/

写真は、私のデジカメに残っていた一番古いものです。
1998年6月に南伊豆へ海底清掃に行ったときです。
掲げているのは、引き上げたイカリです。

1000本記念Tシャツ
93年6月にCカードを取って以来10年。
今回のパラオでようやく1000本になりました。

写真をもっと見る

投稿者 ken : 23:13 | コメント (1) | トラックバック

2004年01月11日

ストールマン 健在

japan.linum.com 1月7日
20年経ったフリーソフトウェアコミュニティ:成功を収めるも不完全。
ちょうど20年前の今日、私はMITを辞めて、フリーソフトウェアのオペレーティングシステム、GNUの開発に着手した。そのGNUは、現場での稼動に堪える完全版こそまだにリリースされていないが、GNUシステムの変種と言えるものは、既に何百万という人々の手にあり、それと認識されずに使われている。


フリーソフトウェアの使命は、自由を得ることであり、普及することではない。
フリーソフトウェアが、不自由な商用ソフトと連携することは、普及のためには有効な手段であろうが、フリーソフトウェアの使命に反する。
と、暗に Linux の戦略を批判してますね。

私は、自由とは、選択の自由だと、思っています。
フリーソフトウェアか、商用ソフトかの、二者択一を迫るのではなく、利用者の意思でどちらでも選択できることが、真の自由だと思います。

ちょっと、余談ですが。
生物の目的は、「自己の遺伝子の複製をいかに多く残すか」 だと言われています。
この観点では、普及こそ全てであり、それ以外は普及のための手段に過ぎないとも、言えますね。

投稿者 ken : 23:54 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月10日

ジャック・モイヤーさん 死去


昨年のダイビング・フェスティバルでお見かけしたのが、
最後になりました。
ご冥福を祈ります。

朝日新聞 1月10日
ジャック・モイヤーさん自殺か
東京・三宅島に住んで海洋生物の生態を研究していたジャック・モイヤーさん(74)が、東京都北区桐ケ丘1丁目の自宅アパートで死亡していたことが10日わかった。遺書があり、警視庁は自殺とみている。

goo スローライフ
現在、三宅島は火山ガスが出ており火山活動は一行に静まる気配がない。人間が避難した後の生物たちの様子を、ジャック・モイヤー博士にうかがった。

モイヤーさんについて、もっと読む...

投稿者 ken : 23:03 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月09日

朝日新聞 ネットの脆弱さに警鐘

色々物議をかもし出してますね。

朝日新聞 1月4日
「ネットの脆弱さに警鐘」国立大研究員が個人情報を公表
文化庁所管の著作権保護団体のインターネットサイトから利用者約1200人の個人情報が昨年11月、国立大学の男性研究員(40)に引き出され、一部公表されていた。研究員は「インターネットの安全性の脆弱(ぜいじゃく)さに警鐘を鳴らそうとした」と話すが、警視庁は不正アクセス禁止法違反の可能性があるとして情報収集している。研究員は、一般に広く使われているCGIプログラムの「欠陥」を、官庁などのサイトについて公表してきた。今回もその欠陥を突いた形で、CGIの安全対策が問い直されそうだ。


slashdot 1月4日
slashdot 欠陥を指摘するはずが個人情報流出。セキュリティ専門家に捜査の手
parsley曰く、"今朝の朝日新聞一面に掲載の「ネットの脆弱さに警鐘」国立大研究員が個人情報を公表という記事に対しての各方面の反応が興味深い状態になっている。/.J読者のみなさまとしては、ACCSの著作権・プライバシー相談室から個人情報流出として既報な事件でありますが、事件自体のその後の経緯が不明な状態で、このような情報が唐突に紙面を賑わすのは、今後の何かの動きへの予告でしょうか?それとも圧力の一種と受け止めるべき?"

もっと読む...

投稿者 ken : 17:23 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月08日

クマノミ減少 乱獲に危機感


琉球新報 1月7日
クマノミ減少 乱獲に危機感
さんご礁にすむ熱帯魚クマノミが減少しているとの報告が県内各地で相次ぎ、研究者らが危機感を強めている。クマノミは公開中のディズニー映画 「ファインディング・ニモ」 の主人公となり人気に。県産のクマノミを扱う熱帯魚店でも入荷が追いつかない状況という。クマノミは海の生物のため数的把握は困難だが、一部の業者が乱獲しているとみられる。

投稿者 ken : 23:28 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月07日

越前くらげ



写真は 津山マリンサービス から

越前くらげ
昨年秋に異常発生してから、たびたびTVニュースに登場しています。
で、ググッてみました。

「エチゼンクラゲ」とカタカナで書くのが一般的なようです。

Yahoo News
エチゼンクラゲ大量発生 関連記事
巨大なかさで知られるエチゼンクラゲが昨年に続き今年も山陰から東北にかけての日本海に異常発生。特に福井県の若狭湾沿岸には大量に押し寄せ、漁業関係者は「水揚げが減って漁にならない」と頭を痛めている。

朝日放送
巨大クラゲを撃退せよ
大きなもので2メートルもある巨大な『エチゼンクラゲ』。このクラゲは、日本海の山口県沖から石川県沖まで、広い範囲で出現しています。京都府丹後半島の漁業被害と、海を挟んだ上海での意外な料理方法を、山田記者が取材しました。

もっと詳しく...

投稿者 ken : 23:27 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月02日

最強運芸能人決定戦

フジTVでやっていた 最強運芸能人決定戦 を見ていたら
私の運は、576番中31位だった。
同じ運の芸能人は 高島彩
少しは期待できる年になるかな。

投稿者 ken : 00:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月01日

小笠原の初日の出


『小笠原諸島、母島から 2004年、日本一早い「初日の出」ライブ中継』 を見てましたが、
アクセス数が多すぎて、日の出の瞬間は見れなかった。
携帯電話からは、なんとかつながりました。
録画画像 から、日の出の瞬間をキャプチャしました。~

提供元 小笠原 チャンネル

投稿者 ken : 17:51 | コメント (0) | トラックバック