« 大江戸線六本木駅に巨大マッコウ出現 | メイン | みなとみらい線 初乗り »

2004年01月31日

青色LED訴訟 発明の対価は200億円

発明者の権利が認められるのは、いいことだと思うが。
あまりに高額になると、新たな火種になりかねないですね。

ITmedia 1月30日
青色LED訴訟、発明の対価は200億円
青色LEDの発明者である中村修二氏が、発明当時在籍していた日亜化学工業に対し、発明の対価の一部として200億円の支払いを求めていた訴訟で、東京地裁は請求通り日亜側に200億円を支払うよう命じた。

従業員特許訴訟について、もっと読む...

投稿者 ken : 2004年01月31日 17:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/49

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。