« 内藤洋子 | メイン | 火星に水の痕跡 »

2004年03月01日

ソフトバンク 顧客情報 451万人分流出

顧客情報 流出jは、最近やたら目に付きますね。
消費者サイドができる予防策は、大手企業といえども、個人情報を明かさないことですね。

朝日新聞 2月27日
流出は451万人分 ソフトバンクの孫社長ら会見で謝罪
インターネット接続サービス「ヤフーBB」の契約者情報が流出した事件で、同サービスをヤフーと共同運営するソフトバンクBBの孫正義社長が27日、記者会見し、流出したのはヤフーBBの加入者や解約者ら計約451万人分の個人情報だったと発表した。契約者情報が保存されたデータベースに社内の端末から接続した際の履歴「ログ」は、今年1月まで1週間しか保存されていなかったことも判明。警視庁の調べでは、今回451万件の情報が流出したことを示すログもすでに消えているという。

顧客情報流出について、もっと読む

投稿者 ken : 2004年03月01日 17:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/52

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。