« サンシャインプラネタリウム 復活 | メイン | いかりや長介さん死去 »

2004年03月20日

JUS勉強会 ウェブログ

3月19日、日本UNIXユーザ会 の勉強会に参加した。

シックス・アパート社の平田さん より、ウェブログの話を聞きました。

シックス・アパート社 は、Movable Type や TypePad で知られています。
ニフティのココログに採用されたことで一躍有名になりました。
米国の20代の若夫婦が2002年に設立したベンチャです。
ニフティの古河社長のココログ でも紹介されています。
おととい日本法人ができたばかりのホットな状況です。
参考:Blog 本家の Six Apart、日本法人を本格的に始動

ブログといえば日記サイトのイメージが強いですが、中身は立派なコンテンツ・マネージメント・システムなんですね。

新しい機能が2つ紹介されました。

ATOM API
XML-RPCの後継として提唱されているものです。
規格としてRFC化される方向です。
参考:XML-RPC APIとAtom

当面の実装は次のようなものです。

ブログに限らないですがWEBサイトへの書込みは、 WEBサイト上のフォームから行う形態です。
新規記事を投稿するときは、ログインして、フォームを開いて、書込むというように、結構手間がかかります。

これを、オフライン書きを可能とする仕組みです。
メールと同じように、自分のPCでソフトを立ちあげて、文章を書いて送信ボタンを押すという風になります。
投稿だけでなく、変更・削除もできます。

Type Key
Coming Soon: TypeKey Authentication Services
LDAP での認証のようなものです。

ブログに限らないですが掲示板形式のサイトでは、荒らしが多いですね。
荒らし対策として、書き込んだ人を認証する仕組みです。
利用者は、最初に認証サイトに登録します。
あとは、どこのブログに書き込んでも、自動的に認証が行われます。
ブログの管理者は、利用者をグループ分けして、親しい友人であれば自動承認としておき、それ以外であれば手動承認とします。

XOOPSなどのように書込みを登録制にするサイトはありますが、一度 登録すればどこでも使えるというのは画期的ですね。

ただし、国民背番号制のようでイヤだという意見もあり、社会的に受け入れられるかは、今後の課題ですね。

終了後、近所の居酒屋に移動する。
blogと日記システムの違いについて教えてもらう。

投稿者 ken : 2004年03月20日 23:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/46

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。