« ハンマーヘッド 100匹 | メイン | オープンソースパーティー 2004 »

2004年05月30日

キングカメハメハ ダービー馬に

キングカメハメハ (カメハメハ大王) が日本ダービー(東京優駿杯) で優勝した。
前走の NHKマイル杯 では、5馬身差のブッチギリだったが。
今回も コースレコード となった。
ダービーは、前走を 皐月賞 (2000m)で経験を積むのが一般的であるが、
今回のようにNHKマイル杯(1600m)から勝ち進んだのは、JRA史上初である。
皐月賞馬のダイワメジャーは6着と期待はずれの結果となった。
キングカメハメハは3歳馬では負け知らずであるうえ、まだまだ伸び盛りのようで、
強豪馬と戦う秋のレースが楽しみである。


安藤勝己(アンカツ)
騎手は、ジョッキー歴 28年の大ベテランだが、昨年 笠松地方競馬場から中央競馬会(JRA)に移籍したばかり。
すでに 高松宮記念 でG1の勝鞍をあげているが、クラシックは初制覇。
今度とも活躍が期待される。

毎日新聞 5月30日
日本ダービー:キングカメハメハがコース新で優勝
中央競馬の3歳馬の頂点を争う第71回日本ダービー(東京優駿、G1)は30日、東京競馬場の芝2400メートルに牡馬18頭が出走して行われ、単勝1番人気のキングカメハメハが2分23秒3のレコードで、NHKマイルカップに続きG12冠を獲得した。安藤勝己騎手はダービー初勝利。松田国英調教師はダービー2勝目で、NHKマイルカップ、オークスに続き、史上初めて3連続G1制覇を達成した。

スポニチ 5月30日
カメハメハ レコードで圧勝~ダービー
競馬の祭典「第71回日本ダービー」は30日、東京競馬場で行われ、1番人気のキングカメハメハが2分23秒3のレコードタイムで圧勝した。


投稿者 ken : 2004年05月30日 23:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/95

コメント

「東京優駿杯」ではなく、「東京優駿かっこ日本ダービーかっことじ」です。

投稿者 HOOP : 2004年05月30日 19:02

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。