« 2004年05月 | メイン | 2004年07月 »

2004年06月26日

映画 トロイ


映画 「トロイ」 を観る。
あらすじは、叙事詩「イーリアス」をほぼ忠実に再現している。
といっても、「イーリアス」を読んだことはないが(^^;
トロイア戦争は10年続いたとされているが、映画では1週間程度に短縮されているなど、意図的な変更はあるようです。

映画の感想は、アキレス役の ブラッド・ピッド が「格好いい」の一言につきる。
ブラピはこの役作りのため、しっかり身体を作ったようです。
アキレスを、勇敢だが傲慢で単純な死生観を持つ存在として演じています。
一騎討ちのシーンは、日本映画の殺陣を見てるような様式美がありました。
戦士役ながら、肉体派のマッチョマンでなく、ブラピを配役したあたりに、映画作りのうまさが感じられます。

ブラピ以外の脇役陣もしっかりしています。
プリアモス王役の ピーター・オトゥール の、息子ヘクトルを失った父親の悲しみなど、渋い演技が光ります。
王子パリス役の オーランド・ブルーム の、決闘の最中に逃げ出すなどの、格好悪い演技もなかなかいいです。
美女ヘレン役の ダイアン・クルーガー は、目が印象的な美人ですね。

数100隻の船とか、数万人の軍勢の衝突など、ハリウッド大作ならではの豪華なシーンも楽しめます。
有名な「トロイの木馬」や「アキレスの踵」が、余計な説明がされずに、ストリーに違和感なく描かれているのも、好感が持てます。

2時間40分と長い作品ですが、最後までテンションが高いまま観れました。


映画「トロイ」を256倍楽しむための薀蓄

叙事詩 「イーリアス」 は、古代ギリシャの詩人ホメロスが書いたトロイア戦争と英雄アキレウスの物語です。

トロイア戦争の起こりは、「もっともうつくしい女神へ」としるした黄金のリンゴだとされている。
このリンゴをめぐってヘラ、アテナ、アフロディテの3女神の間に争いがおこった。
トロイアの王子パリスは、主神ゼウスから審判をゆだねられた。
審判に際して女神たちはおのおの事前工作をしていた。
黄金のリンゴとひきかえに、ヘラは領土と富を、アテナは戦の勝利を、アフロディテは人間のうちで最高の美女スパルタ王の妃ヘレネを約束していた。
王子パリスは、女神アフロディテにこのリンゴをあたえ、王妃ヘレネをトロイアへつれさった。
この伝説は 「パリスの審判」 として、多くの画家の作品となっている。

スパルタ王メネラオスは激怒し、ミュケナイ王アガメムノンを総大将とするギリシャ連合軍が組織された。
アキレウス、オデュッセウスなど多くのギリシャの英雄たちが、トロイア遠征軍に参加した。
トロイアがヘレネの返還を拒否したため、1000隻の大船団でトロイアへむけてせめよせた。
トロイア包囲戦は10年にもわたった。
英雄アキレウスは、戦闘でえた王女ブリーセーイスを総大将アガメムノンに強奪されたため、嫌気がさして戦いを放棄してしまう。
アキレウスの撤退を知ったトロイア人らは、好機とばかりに猛然と反撃を開始、ギリシャ軍は敗北寸前までおいこまれていく。
このとき親友で従者だったパトロクロスが、劣勢をみかねてアキレウスに武具をかりて出陣していくが、トロイアの王子で総大将のヘクトルに返り討ちにあう。
知らせをきいたアキレウスは、悲しみと激怒の末、戦列に復帰、ヘクトルを殺し、その死体を凱旋する戦車でひきまわして辱めをあたえた。
その後、アキレウスはアマゾン族の女王ペンテシレイアやエチオピア王メムノンらをうちやぶり、ギリシャ軍をトロイアの防壁までみちびいた。

アキレウスは、海の女神テティスを母に持つ。
母は生まれたばかりの息子アキレウスを冥府のステュクス川につけて不死身にした。
しかし、つかんでいた踵だけは生身のままとなった。
エチオピア王メムノンを殺した直後、トロイアの王子パリスのはなった矢を踵にうけて致命傷をおい、落命した。
この伝説は、「アキレウスの踵(アキレス腱)」 として、現在に伝わっている。

その後、ギリシャ軍は撤退するとみせかけ、巨大な木馬をつくってその中に精鋭部隊が隠れた。
トロイア軍が木馬を城内にひきいれたところで、兵たちが外へでて町に火をつけ攻撃した。
この伝説は、「トロイの木馬」 として、現在に伝わっている。

トロイアは、長い間伝説上の都市とされていた。
1870年に、シュリーマンが発掘して、その存在が確認された。
トルコのアナトリア半島北西端にあり、エーゲ海から約6.5km内陸にあたる。

投稿者 ken : 23:33 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月24日

Audi Fish

英国で放映されたAudi のTV CMです。
昨日からの Framestore CFC のFish つながりです。

Quick Time 形式 5.0MB 1分

なんだろうと思わせるCMです。
"drink like a fish" とか "drink as a fish" という慣用表現があるんですね。

参考: 関心空間

投稿者 ken : 23:53 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月23日

Johnnie Walker Fish

英国で放映されたJohnnie Walker のTV CMです。
英国 Framestore CFC 社の作品。

Quick Time 形式 5.0MB 1分

すごいの一言 !!

投稿者 ken : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月22日

Space Ship One

Scaled Composites 社の Space Ship One が初の民間有人宇宙飛行に成功した。
今回は、パイロット1名で高度100キロを約3分間の飛行だった。

これで 賞金1000万ドルの X Prize の最有力候補となった。X Prize の条件は、乗員3名で高度100キロを飛行する宇宙船を開発し、同じ機体によって2週間以内に2回の飛行を行うこと。

Scaled Composites 社には、米 マイクロソフト社 の創始者の一人である ポール・アレン氏 が資金援助をしていることが公表されており、自信満々という感じですね。
Space Ship One の設計者は、1986年に無給油・無着陸で世界一周飛行に成功したVoyager の設計者である Burt Rutan 氏
パイロットの Mike Melvill 氏は63歳とのことで、Space Ship One よりもこっちにびっくりしました。

ところで、なぜ目標が高度100キロかといえば、国際航空連盟の定義で宇宙は高度100キロからとなっているからです。これは、トリビアの泉 でも紹介されていますね。

朝日新聞 6月22日
民間初の有人宇宙飛行に成功 「国家」の独壇場に第一歩
民間による史上初の有人宇宙飛行に、米の航空機開発会社チームが米太平洋時間21日朝(日本時間22日未明)、カリフォルニア州のモハベ砂漠上空で成功した。飛行士1人が乗り込んだ宇宙船が高度100キロで3分間余りの宇宙飛行を達成し、無事帰還した。有人宇宙飛行は1961年に旧ソ連のガガーリン飛行士が初めて成功したが、今回の成功は、国家機関が担ってきた有人宇宙開発に民間が一歩を刻んだことになる。

Hotwired Japan 6月18日
民間開発の「有人宇宙船」、高度100キロに挑戦
21日早朝(米国時間)、カリフォルニア州モハーベ砂漠の上空ですごいことが起こりそうだ。夜明け直後、機体の下にロケット船を吊り下げた細長い白いジェット機が、滑走路から飛び立つ予定になっている。この一体化した2機――翼のあるソーセージと交尾しているトンボに似ている――は、高度約16キロまで上昇する。

共同通信 4月8日
米、民間宇宙船に飛行認可 手軽な宇宙旅行へ一歩
米連邦航空局(FAA)は7日、スケールド・コンポジット社(カリフォルニア州)が高度約100キロでの飛行を目指して開発した宇宙船「スペースシップ1」の飛行を認可したと発表した。民間の有人宇宙船への飛行認可は初めて。誰でも参加できる手軽な宇宙旅行の実現に向け、ハードルを一つクリアした。

投稿者 ken : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月20日

デスバレー

友人が 写真集 を出版した。

タイトルの デスバレー は、米国カリフォルニア州にある国立公園で、不毛の山々の合間に砂漠の谷が広がる場所です。
とはいっても、私は行ったことがない。

写真集は、自然の持つ荒々しさと造形美を、独特の感性で切り取っている。掲載されているものは、ほとんどが砂漠と山の写真であり、生き物はサボテンの花くらいです。しかし、殺伐とした感じではなく、ほのかな温かみを感じます。

友人は、デスバレーを撮影するために、幾度となく米国に通ったそうです。半年ほど前に、写真を見せてもらう機会があって、HPを作りたいとは言っていた。でも、写真集を出すほどの熱意があるとは気づかなかった。形あるものに仕上げるのは大変だったろうなと、友人ながら尊敬しますね。

投稿者 ken : 23:44 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月18日

ヨドバシカメラ

4月 に購入した フジのFinePix700 が故障した。
購入して一週間ほどで、電源が入らなくなったり、切れなくなったりしていた。
しばらく使っていなかったので、放置していたが、全く電源が入らなくなっていた。

購入した ヨドバシカメラ 横浜店に持ち込んだところ、メーカー修理なので一ヶ月ほどでかかりますと言われた。
係員としばらく話しているうちに、購入してから1ヶ月ほどであり、直後から調子が悪いとのことで、店の方から 現物交換 を申し出てくれた。
対応が良かったので、感謝の意を込めて書いておく。

投稿者 ken : 23:42 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月16日

よしおさん 発見


フォーラム@nifty でダイビングフォーラムのシスペをやっている よしおさんが紹介されています。
めったに顔写真を公開しない人なので、貴重かも。
10年らいの友人ですが、最近 一緒に潜っていないなぁ。(^^;

RSS feed の検索サイトである FeedBack で見つけました。

ちなみの よしおさん でググッてみたが、10ページにやっと現れるくらいですね。

投稿者 ken : 23:40 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月15日

潜水後の高所移動と標高

安全潜水を考える会」から昨年11月の講演の資料が公開されました。

減圧症の発症人数は横ばいのようですが、II型の比率が増加しており、より重症となる傾向が見られます。

発症の要因として、ダイビングをしたあとに十分な時間をおかないで飛行機の搭乗することが、約10%となっています。
その次の要因として、伊豆半島でダイビングをしたあとの高所移動が、約6%となっています。

自衛策は、沖縄や海外でもダイビング後は24時間以上経過してから飛行機に搭乗する

伊豆半島でのダイビングの帰りには、海岸沿いの一般道を利用する。

表1 医歯大で取り扱ったレジャーダイバーの減圧症中、低圧(飛行機、高所)移動が
原因と思われる症例 (1980~'03.9.)
------------------------------
減圧症総件数 539件
 飛行機搭乗  53件(9.8%)
 高所移動   33件(6.1%)
------------------------------

表2 DANで取り扱った減圧症中、低圧移動が原因と思われる症例
------------------------------
減圧症件数       418
 東名高速 御殿場   12
 箱根越え         5
 伊豆スカイライン    4
 県道59号線 仁科峠 2
 県道18号線 戸田峠 1
 不明            5

高所移動が関係している事例 26/418 6.2%
------------------------------

表4 潜水後の高所移動状況 (1996~'03. 大瀬での調査)
------------------------------
     経由経路           |海抜(m) |人数 |割合(%)
------------------------------
東名高速で御殿場を経由        | 454  |1389| 63.9%
国道1号線で箱根を経由        | 900  | 388| 17.8%
熱函道路で熱海方面          | 430  | 186|  8.6%
西富士道路を経由して山梨方面   | 900  | 60|  2.8%
東名高速の御殿場及び山中湖を経由| 1000  | 26|  1.2%
伊豆半島を経由して東海岸      |500~350| 57|  2.6%
その他の高所経由           |     | 69|  3.2%
------------------------------
      計               |     |2175| 100.0%
------------------------------

投稿者 ken : 23:39 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月13日

XOOPS入門 出版記念パーティー



6月12日、XOOPS入門 出版記念パーティー に参加した。
場所は、池袋の莫莫居鶯。落ち着いた感じの和食の店。

著者の一人である坂井さんより、本にサインを貰う。
もう一人の著者である天野さんからもサインをと思っていたが、
急な都合で出席できなくなったとのこと。残念。
出版元の翔泳社 の担当者も来ており、すでに増刷も決まったとのこと。

数人とXOOPSをどういう風に使っているかの話をする。
ハックしている人や、XOOPSを使っていないんですよという人もいたり、様々であった。
地方自治体から LINUXでWEBサイトを構築するという引合いが増えており、XOOPSが候補に挙がるようになったとのこと。
XOOPSは、小規模なサイト向けというイメージがあるが、構築が簡単という利点を活かすと、普及が期待できる利用者層かもしれない。
最後はくじ引きによる景品会で幕を閉じた。

終了後、15名ほどで近くの喫茶店に移動する。
大学生とwinnyと著作権問題について語る。
ipod は購入しても音楽コンテンツはコピーしまくりというのが実態だそうです。
大学の教員でも、個人利用なら借りたものをコピーしてもかまわないという理解だそうです。
現在の著作権保護が時代にマッチしていない気はするが、現行法を正しく理解することも必要ですね。

喫茶店に3時間ほど粘ったあと、
6名ほどで近くの中国飲茶店に移動する。
アマゾン・アソシエイト で副収入を得るコツなどを伝授してもらう。

投稿者 ken : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月09日

ニフティ 入会 13周年

ニフティから、入会 13周年目の挨拶メールが届いた。
「アット・ニフティを13年間ご利用いただきまして、誠にありがとうございます。」

入会したのは、NiftyServe だぞ、というのは脇に置くとして。

最初の頃は、中村明 さんから手書きのメールが届いたのだが、
今回は無味乾燥なサービス内容の宣伝だった。

もう少しなんとかならんのか。
と思ったら、同じような感想を持つ人はいますね。
10周年記念メールfromニフティ

サービス内容を見てみると、「迷惑メール対策を強化」とある。
そうえいば、@nifty、ベイジアンフィルター採用のスパム防止機能を提供 という記事があったな。

さっそく、試してみたが。
「このIDは会員種別が 「旧ニフティサーブ会員」 のためご利用いただけません。」
と拒否される。

会員種別を変更しようかと思ったが、
パソコン通信、telnet接続、ニフティマネジャー がご利用いただけなくなります。」
という制約が書いてある。
nifterm から telnet接続 してるのに、出来なくなると困るぞ。(^^;

もうじき、パソコン通信時代の会議室が無くなり、WEB掲示板に移行するというアナウンスも出ている。
時代の流れとは言え、使い慣れたものが無くなるのは、辛いな。

ニフティ仲間との雑談用に、ニフティの パティオ を利用しているが、
これを機会にメーリングリストに移行しようかなんて、話も出てます。

来年の今頃は、どうなっているやら。

投稿者 ken : 23:34 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月07日

聖火リレー スタート

聖火リレーが始めると、オリンピック気分が盛り上がりますね。

4日、アテネ五輪の聖火リレーがシドニーでスタートした。
6日、東京で聖火リレーが行われた。

6月4日から7月8日まで、26カ国33都市
シドニー > メルボルン > 東京 > ソウル > 北京 > デリー > カイロ >
ケープタウン > リオデジャネイロ > メキシコシティー> ロサンゼルス >
セントルイス > アトランタ> ニューヨーク > モントリオール > アントワープ >
ブリュッセル > アムステルダム > ジュネーブ > ローザンヌ > パリ >
ロンドン > バルセロナ > ローマ > ミュンヘン > ベルリン > ストックホルム >
ヘルシンキ > モスクワ > キエフ > イスタンブール > ソフィア > ニコシア

7月9日から8月13日まで、ギリシャ国内

ロイター 6月4日
五大陸聖火リレー、シドニーでスタート
アテネ五輪の聖火は4日、前回開催地シドニーに到着し、6週間にわたる世界規模のリレーがスタートした。

日経新聞 6月6日
史上初めて五大陸を巡るアテネ五輪の聖火が6日朝、オーストラリアから東京・羽田空港に空路到着。136人が都内の約53キロをつなぐ聖火リレーは午前11時、臨海副都心の東京ビッグサイトを第一走者の元プロ野球選手長嶋一茂さんが出発した。

読売新聞 6月6日
史上初めて五大陸を結ぶアテネ五輪の聖火リレーが6日、東京都内で行われた。
関東地方などが梅雨入りしたこの日、聖火は、五輪メダリストやスポーツ選手、一般公募の市民ランナーら、14歳から79歳まで計136人のトーチからトーチへとつながれた。

日本オリンピック委員会

アテネ・オリンピック委員会

投稿者 ken : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月04日

オープンソースパーティー 2004

写真はゲットしたTシャツ

6月3日、「オープンソースパーティー2004」 に参加した。
LinuxWorld Expo に合わせて一昨年より開催されている。
LWE はパスしたので、雰囲気は分からず。

場所は、カレッタ汐留 のPRONTO。
参加者が100名を超え、会場のキャパをオーバーして、熱気むんむんでした。
次回は、もうちょっと広い会場にしてね。
あまり移動も出来ず、顔見知りととりどめのない話を。
それでも、ポケットには何枚か名刺が集まりました。
ITproのT氏とか、SoftwareDesignのI氏とか。
プレゼント大会で、KLabBSD カンファレンス のTシャツと、ターボリナックス のボールペンを獲得する。

終了後、飲み足りない人が20名ほど残る。
46Fの響に入ろうとしたが、風体を怪しまれたか、満席ですと断られる。
新橋までワイワイ歩き 居酒屋 に収まる。
ここでも、OSSとコミケの関係とか、とりどめのない話をする。
気づくと11時すぎ。
なんとか、新橋駅で東海道線の最終に間に合う。

翌日は二日酔いだった。

ググってみたらたら、昨年の写真が 幹事役の びぎねっと さんに載ってました。

投稿者 ken : 23:28 | コメント (0) | トラックバック