« ハサミ男 | メイン | メガマウスの剥製 »

2004年07月10日

映画 海猿

映画 「海猿」を観る。

あらすじは、青年海上保安官が海難救助のプロを目指して成長するというもの。

目玉は、海上保安庁 全面協力という潜水訓練シーンです。
プール訓練は、なかなかの迫力でした。
伊藤英明 など男優陣の頑張りが分かりますね。
「くぐりくん1号」 などの小ネタも現実感があってよかったです。
海洋訓練には、本物の保安船を使ったようで、10mほどの高さからのエントリも見事です。
あの高さだとスタントマンかな。
でも、海中シーンは、プールでの特撮という感じで、迫力に欠けてます。

踊る大走査線 のスタッフの作品ということで期待したのですが。
海上保安庁をうまくパロディ化できていないですね。
訓練事故の査問委員会などは、現実離れしたご都合主義になってます。

加藤あい がけっこう可愛かったので、すべて許すとしよう。

原作は、佐藤秀峰 の漫画「海猿」です。
「ヤングサンデー」 に連載されたもので、ちょっと荒いけど勢いがある絵です。
その後の「ブラックジャックによろしく」での大ブレークを予感させるものです。

原案は、小森陽一で、「海上保安官になるには」などの本もを手がけてますね。

サンスポ
映画「海猿」、主演の伊藤英明「ぼくのためにある」
海上保安庁の潜水士の活躍を描く人気コミック「海猿」の映画化が決まり、このほど、広島・呉市の海上保安大学校でクランクインした。新鋭、羽住英一郎監督(36)がメガホンを取り、主演は俳優の伊藤英明(27)。アマチュアダイバー最高峰のライセンスを持つ伊藤は「これはぼくのためにある作品」と気合十分。女優、加藤あい(20)がヒロイン役で5年ぶりに映画出演するのも注目だ。


えりりょんの「ご都合主義で行こう!」
ダイバーの視点からの感想が面白い。
『なんで海保は「オクトパス」つかわんの?』ですが。
海保とか消防庁などのレスキュー隊は、オクトを使わないと聞いたことがある。
船内探索などで邪魔になるからでしょうね。
ちなみに私もオクトを付けていない。

OREGONOMI!!
コメント・トラックバックが多いので、参照しておく。
「加藤あい」へは辛口の感想が多い。

くぐりん1号 に注目している人
くさってもブラピ
UNICO*


投稿者 ken : 2004年07月10日 23:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/109

このリストは、次のエントリーを参照しています: 映画 海猿:

» 海猿 from 欧風
「海猿」は皆さんご存じでしょうか。いや、これとかこれではなく、ましてやこれなんかではモチロンなく、去年の夏に公開された映画です。 元々はヤングサンデーの漫... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月05日 20:22

» 『海猿』('04・東宝) from 渋谷で働くサラリーマンの日記
私の周囲でドラマ版が話題になっているので、後ればせながら観てみた。まるで日本版『愛と青春の旅立ち』。 最後は涙ボロボロになっていた。。 【あらすじ】人命救助の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 00:05

» [映画] 「海猿」観ましたよ。やっとこ。 from ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】
思ったよりも面白かったのでOKです。 Read more... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月27日 00:55

コメント

僕そんなに加藤あいへの辛口コメント書いてたかなー?

投稿者 JEFF [TypeKey Profile Page] : 2004年08月02日 22:11

kenさん、トラックバックありがとうございました。
そーか。海保はオクトしないのか
邪魔になるってそうですねー。

投稿者 えりりょん : 2004年08月02日 23:24

トラバありがとうございました。
加藤あいに最も辛口だったのは多分私ですね…(笑)
くぐりくん1号は気づく人と気づかない人と半々みたいです。
非常に原作の雰囲気を残している部分で、私は気に入ってるのですが。

投稿者 ゆづ : 2004年08月03日 09:45

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。