« 映画 海猿 | メイン | gree »

2004年07月14日

メガマウスの剥製


朝日新聞 7月3日
巨大ザメ「メガマウス」、4.3メートルの大剥製が完成
全長4.3メートルのサメが天井につるされ、大口を開けている。上下のあごに細かな歯が無数に並ぶ。いまにもかみつきそうなのは、静岡県の御前崎沖で昨年8月にサバ漁のまき網漁船にかかった珍しいサメ「メガマウス」だ。

海洋科学博物館
2004年夏休みの特別展『メガマウスザメがやってきた』
2004年7月17日(土)~8月31日(火)
世界中でわずか21匹しか発見されていない超希少種のメガマウスザメ。そんなメガマウスザメの姿を世界に一つしかない剥製標本でご覧いただけます。

関連:メガマウス 漂着


投稿者 ken : 2004年07月14日 23:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/114

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。