« 映画 「Open Water」 | メイン | 夏は花火だべ »

2004年08月07日

脳男


首藤瓜於「脳男」 を読む。
平成12年の第46回 江戸川乱歩賞 の受賞作である。

連続爆破犯と思われる男と、それを捕まえた刑事と、男の精神鑑定をする女性医師で、
ストーリーが進んでいく。
サバン症 というアイデアは良いが、
登場人物の性格設定や背景設定に現実味が薄く、
小説として消化しきれていない感じです。
次回作に期待したい。

投稿者 ken : 2004年08月07日 23:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/129

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。