« PHPカンファレンス | メイン | 科学者は「ブレードランナー」がお好き »

2004年08月23日

ハマコイ踊り

クリックすると、動画が再生します。


8月22日19時頃、横浜駅を歩いていたら、大音響が聞こえてきた。
見に行ったら、ハマコイ踊りをやっていた。

参加者は、若い女性ばかりですね。昔は若かった人も含めて。
男衆はどこに行ったのだろう。

彼女らの服装を観ていると、「竹の子族」 を思い出しますね。
ちょっと古すぎか (^^;

神奈川新聞 8月23日
ヨコハマカーニバル盛大に
ハマッ子たちの夏祭り「ヨコハマカーニバル」が二十一、二十二の両日、横浜駅周辺など横浜市内六会場で行われた。地元の企業や商店会、自治会などでつくる同実行委員会の主催で、今回で二十六回目。
県内を中心に約六十チームが、高知のよさこい踊りを横浜風にアレンジした「ハマこい踊り」を各会場で披露。参加者は色鮮やかな衣装に身を包み、鈴や鳴子、「ハマこい」の掛け声を響かせながら、力いっぱいの演舞でステージ上を駆け巡った。
二十二日には、ハマこい踊りのほか、沢渡中央公園(同市神奈川区沢渡)から横浜駅西口までを地元のみこし保存会のメンバーらがみこし十二基を担いでパレード。残暑の中、多くの見物客がうちわを片手に沿道を埋め、勇壮なパレードに見入っていた。



横浜のハマコイ踊りは、高知のよさこい祭りの模倣ですね。
こういう形態のお祭りが全国が開催されるようになったのは、札幌のYOSAKOIソーラン祭りの影響でしょうね。

「踊れ!―「YOSAKOIソーラン祭り」の青春」 に、札幌で「高知のよさこい祭り」を開催するまでの経緯が、書かれています。
数年前に読んだのですが、なかなか面白かったです。
自治体や商工会の企画ではなく、一人の大学生の企画だったのですね。

横浜では、1998年から開催されるようになったようですが、その経緯は知らないです。
誰か知っていたら教えて。


投稿者 ken : 2004年08月23日 23:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/134

コメント

よさこいソーランの類はどれも嫌いです。

嫌いなので、どこで見かけても目に付きます。
幼稚園や小学校ならまだしも、中学や高校の学園祭でやるのは勘弁して欲しい。
こういうのって、好きな(指導したがる)教師が必ずいるんですよね。

投稿者 HOOP : 2004年08月28日 12:06

彼らの行動に好き嫌いはないですね。
エネルギーの発散の一つでしょう。


投稿者 ken : 2004年08月31日 18:53

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。