« オープンソース・カンファレンス | メイン | フウセンウオ »

2004年09月11日

世界がもし100人の村だったら

2001年9月11日、ニューヨークの世界貿易センタービルでテロが起きました。
その後、テロ事件は、多方面から検証が行われています。
最近では、マイケル・ムーアの映画 「華氏911」 が話題ですね。

テロ事件以降、世界の平和に、あらためて焦点が当てられています。
代表的なものは 「世界がもし100人の村だったら」「イマジン」 です。
年に1回くらいは、そういうことを考えてもいいですね。

「世界がもし100人の村だったら」は、私のサイト を含め、多くのサイトで引用されています。

原作者が ドネラ・メドウズ氏 らしいということは知っていたのですが、
このブログを書くにあたってググッてみたら、詳しい経緯が分かりました。

100人の村メールの真相:原典発見!
分析的で客観的な良い文章だと思います。
でも、この人「オウム」なんですね。
こういう人が麻原彰晃を盲信するのが、オウムの本当の怖さなんでしょうね。

投稿者 ken : 2004年09月11日 22:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/138

このリストは、次のエントリーを参照しています: 世界がもし100人の村だったら:

» 戦後日本システム崩壊の前兆(1)地下鉄サリン事件=霞ヶ関支配の終焉 2003.12.X 初出 from 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
90年代後半から、一年に一度は 訳の分からない事件、のニュースを聞くようになり ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月10日 16:55

» 世界がもし100人の村だったら from 日々是マコツ。
ブックオフで100円で売ってたので買ってきました。 5分で読み終わりました。 ・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月05日 23:01

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。