« マカッサル から スライヤール島 へ | メイン | スライヤール 2日目 »

2004年11月02日

スライヤール 初日

タテジマキンチャクダイの幼魚 オドリハゼ ジュゴン

11月2日 (火)

6時半 起床

7時 食事
おかゆ、オムレツ

7時30分 出港
iPodを聞きながら一眠り

1本目 ツキジ
タカハジ環礁 ポイント No.9
10時37分-11時15分 38分間
最大22.8m 平均15.7m 水温27.0℃
ガイド樅山、K氏、I氏、Tさん、Sさん
海底30mほどの棚になっている。
10mに タテジマキンチャクダイの幼魚
流れが速くなり、あたふたする。
写真を撮る余裕がなくなる。
マダラエイ、バッファローフィッシュ。
先端の砂地で、いったん潮が止まる。
ガイドの樅山氏がちょっと先にいたので、行ってみると、
そこはまた流れていて、他の4名とはぐれる。

12時 昼食
タカハジ環礁 ポイント No.8 付近の浅瀬に停泊する
ナシゴーレン(焼き飯)、チキン唐揚げ、サカナ唐揚げ、スイカ

13時 移動

2本目 GYP'S ROCK
タカハジ環礁 ポイント No.7
13時48分-14時34分 54分間
最大31.0m 平均14.1m 水温27.0℃
少し風が出て、波がある。
リーフエッジのドロップオフを進む。
若干の向かい潮だった。
30mまで潜ってみるが、スミレナガハナダイの群れしかいない。
20mの棚の砂地に、オドリハゼ
15mに、マダラタルミの群れ、カスミチョウチョウウオの群れ、クマザサハナムロの群れ。
10mに、カメ。

ボートに上がるとき、叩きつけられるくらい波が出てきた。
ボートは横揺れしていて、スタッフの一人が船酔いした。
私もちょっと気分が悪くなり、船室で一眠りする。
帰りの途中で、イルカが1頭出る。

17時 帰港
桟橋の脇にある ジュゴン の囲いに入る。
漁師の網にかかったものをリゾートで保護している。
警戒されたようで、Tさんだけが姿を見た。
翌朝、ジュゴンに餌を与えるときに、撮影の許可が出る。

18時 部屋に戻る

オイル・サーデインと
カナッペ
ポトフ パエリア オンデオンデ
とパパイヤ

19時 夕食
ビンタンビール×2缶
本日もフルコース
前菜:オイル・サーデインとクリームチーズのカナッペ
白身サカナのフライ、タルタルソース & サンバル(唐辛子ソース)
ポトフ
パエリア(イカ、タコ,海鮮)
デザート:パパイヤ、オンデオンデ(ごま団子)
コーヒー
美味である。量が多く、パエリアはかなり余す。

I氏持参のワイドターキーを頂く
樅山氏より、泊まりで行くタナジャンピア環礁の話を聞く。

21時半 部屋に戻る
22時半 就寝

投稿者 ken : 2004年11月02日 23:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/162

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。