« スライヤール 4日目 | メイン | スライヤール 6日目 »

2004年11月06日

スライヤール 5日目

アケボノハゼとニチリンダテハゼ アオノメハタ ミノカサゴ

11月6日 (土)

昨夜は船中泊。
5時頃には、日が昇る
5時半には、明るくなり、寝ていられない

6時 起床
朝食 コーンフレーク

1本目 SEA TRIP
タナジャンピア環礁 ポイント No.7
7時25分-8時20分 55分間
最大34.4m 平均15.7m 水温27.7℃
ここのポイントがベストだった。
リーフエッジのドロップオフを流す
32mに、アケボノハゼとニチリンダテハゼの2ショット
DECOが1分出る。
15mに浮上すると、消えた。
15mに、カツオ×5匹。
イソマグロ×3匹。5分ほど周りを回遊してくれた。圧巻。
10mの砂地で、マダラエイ。
これもしばらく周りを飛び回ってくれた。

2本目 ツキジ
タカハジ環礁 ポイント No.9
9時42分-10時34分 52分間
最大23.1m 平均13.0m 水温27.9℃
ここは2度目。流れがないと、面白みのないポイント。
ちょっと泳ぎ疲れた
15mに、ハナヒゲウツボ×2匹
20mに、アヤコショウダイの群れ、ロウニンアジの影、
アオノメハタ、ロクセンヤッコ、ニシキヤッコ、サザナミヤッコ

3本目 APATANA CORNER
スライヤール環礁 ポイント No.11
スライヤール島の南の突端。
11時56分-12時57分 61分間
最大19.9m 平均12.3m 水温27.1℃
緩やかな傾斜の砂地が続く。
水深12mで砂地を移動する。
ミノカサゴ、イザリウオ(茶)、マダラエイ
軽い沖出しの潮があり、徐々に深場に移動していた。
20mにて、DECOが2分出る。
10mに浮上すると、消えた。

13時10分 移動
昼食
一眠り

15時 帰港

4本目 リゾート前のビーチ
15時30分-16時56分 86分間
最大2.3m 平均1.5m 水温29.4℃
ポイントとして最悪。
砂浜よりエントリする。
遠浅で行けども行けども水深50cmより深くならず。
距離50mほど水面移動して、やっと水深2mになった。
しかし、底は泥砂で、透明度は2m程度。
水深1.5mを移動する。
こんな濁った場所にも、カクレクマノミ。
泥ハゼ多し。
桟橋よりイキジットする。

17時半 部屋に戻る

小エビのから揚げ アジのマリネ チキン・ステーキと
豆ご飯
パパイヤと
タダール・グルン

19時 夕食
小エビのから揚げ、パパイヤ・サラダ添え
カボチャの冷製スープ
アジのパイナップル風味マリネ
チキン・ステーキ、味噌バターソース
豆ご飯
パパイヤとタダール・グルン(バナナのクレープ)

20時 タマキさんと雑談
どんなものが欲しい聞いてみたところ、音楽CDとの答え。
私のノートPCに入っているMPEG4の曲を、彼女のノートPCに移せないかやってみる。
USBでデータはコピーできるが、MPEG4を再生する仕組みがなく断念する。

21時30分 部屋に戻る
ノートPCの中の音楽ソフトと格闘するが、事態は変わらず。

24時 就寝

投稿者 ken : 2004年11月06日 23:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/167

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。