« とき325号 | メイン | X-43A マッハ9.8 を達成 »

2004年11月16日

頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その2)

10月に紹介した 頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ ですが。
飼育している美ら海水族館と、人工尾びれを製作したブリジストンから、プロジェクトの概要が発表されました。

美ら海水族館 11月16日
バンドウイルカ「フジ」人工尾びれプロジェクト
2002年秋、バンドウイルカの「フジ」は、病気で尾びれの75%を失いました。イルカの人工尾びれを作ることは可能なのか?尾びれを装着することで普通のイルカのような動きができるようになるのか?
私たちは、フジの尾びれをつくり、イルカの尾びれがもつ役割を科学的に検証することを目的として、株式会社ブリヂストンの全面的な協力のもと、人工尾びれプロジェクトを開始しました。

ブリジストン 11月15日
イルカの人工尾びれを当社ゴム技術により製作
株式会社ブリヂストン(社長 渡辺惠夫)は、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館からの要請を受け、病気で尾びれの大部分を失ったイルカ向けに当社のゴム技術を活かして人工尾びれを製作しました。沖縄美ら海水族館では、その人工尾びれをイルカに取り付け、健康だった頃の泳ぎを取り戻させることに成功しました。イルカの人工尾びれをゴムで作るのは、当社の知る限り世界初の試みです。

朝日新聞 11月16日
イルカに人工尾びれ、順調に快復 ブリヂストン開発
病気で尾びれの多くを失ったイルカのために、ブリヂストンが人工尾びれを開発。15日、その技術を説明した。イルカは7月に本格的なリハビリを始め、現在は水面にジャンプできるほど元気になったという。

読売新聞 10月8日
跳べもう一度
1頭のイルカが勢いよく青空に舞い上がった。拍手すら起きたプールは一瞬で静まりかえる。軽くて丈夫と定評のカーボンファイバーで補強されたゴム製の人工尾びれは、またも壊れて外れ、水底に横たわった。

頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その4)
頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その3)
頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ

投稿者 ken : 2004年11月16日 14:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/169

このリストは、次のエントリーを参照しています: 頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その2):

» 人工尾びれのイルカ「フジ」に会ってきました。 from ARts60 blog
沖縄美ら海水族館で「フジ」に会ってきました。この日は見学してる人少なかった少なかったので触らせてもらったり、餌をあげたりできていい思い出になりました。 手を振... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月13日 11:55

コメント

 私もフジのことについて思うところがたくさんあります。
ずっと見守って行きたいと思います。
コチラで集められた記事がとてもわかりやすかったので、私が書いたページにリンクをさせて頂いております。
事後承諾になりますが、不都合があればお知らせ下さいませ。
http://www.e-judy.jp/fsuizok4.htm

投稿者 ジュディー : 2004年12月17日 12:43

ジュディーさん
リンクはご自由に。
実際にフジに会っているんですね。
元気になって喜びもひとしおですね。


投稿者 ken : 2004年12月20日 12:43

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。