« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

2004年12月29日

横浜では初雪

今朝はずいぶん寒いと思ったら、
8時ごろから雪が降り始めました。
午後3時ごろには雨に変わりました。
写真は我が家のそばの風景です。

毎日新聞 12月29日
東京で初雪:関東など各地でも観測
29日、東京の都心で初雪が降った。気象庁によると平年より4日早く、昨冬より2日遅い。千葉、熊谷、前橋、宇都宮、甲府でも初雪を観測した。南海上にある低気圧の影響で、東京では夕方まで降り続き、多摩地区の一部では数センチの積雪を記録した。低気圧が遠ざかる30日には晴れ間が広がるが、31日から元日にかけて再び雪が降る可能性があるという。

動画 TBS 12月29日
都心で初雪観測、平年より4日早く

投稿者 ken : 20:21 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月28日

スマトラ沖地震

スマトラで地震があったと聞いたときは、スマトラでは日本人は少ないだろうと思い、ふ~んという感じでしたが。
プーケットが被害を受けたと聞いて、1000Km以上離れているのになんでだろうという気がした。
その後、被害の続報を聞くにつれ、今回の地震の規模が理解できてきた。

4年ほど前のこの時期にプーケットに行ったことがある。
あそこは、海岸から沖合い数100mまで水深1m程度の遠浅です
ダイビング・ボートが陸地に近づけないので、喫水線が30cmくらいの小型ボートで陸地とダイビング・ボートを連絡している。
そんな地形に津波が押し寄せたら、ひとまたりもない。

今回の地震では多くのダイバーが行方不明となったようです。
人ごととも思えず、無くなった方のご冥福を祈るばかりです。


朝日新聞 12月29日
地震・津波による各国の死傷・不明者数
26日に起きたスマトラ沖大地震に伴うインド洋津波で、外務省は28日夜、新たにタイ・プーケット島周辺で子どもの兄妹2人の遺体が確認されたと発表した。同省が確認した死亡者は計4人になった。スリランカの7遺体については旅行会社「大陸旅遊」(本社・東京)が28日夕、同行者が身元を確認したことを明らかにした。同省の在留邦人への安否調査では、プーケット島周辺に滞在する約400人のうち約100人の在留邦人の所在が分からないという。同省にはこれまで安否に関する約2600件の問い合わせが寄せられている。また朝日新聞の調べで、新たに少なくとも22人の安否が不明であることが分かった。

朝日新聞 12月29日
スマトラ島沖地震で海面に約80キロの直線状変色域
スマトラ沖大地震の震源近くで、地震後、海水が約80キロにわたって一直線に変色していたことが、米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「Terra」の画像でわかった。財団法人リモート・センシング技術センターが28日、画像を公開した。断層が動いて水が濁ったのではないかとみられている。

朝日新聞 12月28日
死者7万人超す恐れ 被災者数百万人に スマトラ沖地震
インドネシア・スマトラ沖地震・津波の死者は、国際赤十字社の集計で約2万4000人になった。被災者は数百万人に及ぶとみられる。死者はインドネシアだけで2万5000人に達する恐れがある。3万人が行方不明との情報もあるインド領アンダマン・ニコバル諸島の状況と合わせると、地震・津波による死者は7万人を超える恐れも出てきた。

朝日新聞 12月27日
6千キロ越え津波到達 スマトラ沖地震の被害、広範囲に
インドネシアのスマトラ島沖地震による大規模な津波は、インド洋を越えて6000キロ離れたアフリカ東岸まで到達していた。ダイビング愛好者が多く訪れるモルディブは平均海抜が1メートルしかなく、首都の3分の2が水につかった。震源地に近いインドネシアとスリランカでは各約4500人、インドで約4300人の死者が出ており、インド洋の広い地域で被害が報告されている。

朝日新聞 12月26日
スマトラ島沖でM8.9 死者6600人、不明の邦人も
インドネシア西部のスマトラ島沖で26日午前8時(日本時間同10時)ごろ、強い地震が発生し、大規模な津波がスリランカやインド、タイ、マレーシアなどインド洋沿岸諸国を襲った。各地の死者総数は少なくとも6600人を超え、さらに多数が行方不明になっている。バンコクの日本大使館によると、タイ南部の観光地プーケット島、カオラック、ピピ島の3カ所で約20人の日本人観光客と連絡が取れず、うち10人は目撃証言などから波にのまれた可能性が高いという。

東京新聞 12月29日
海辺の楽園津波対策なし
インドネシア・スマトラ島沖で起きた巨大地震と津波になぎ倒されたタイ南部の人気リゾート・プーケット島。世界各地から観光客が訪れ、電話やテレビ、インターネットなど情報を得る手段は豊富に整備されているプーケット島で、なぜ、これほどの大きな被害が出たのか。背景を被災現場で検証した。

中日新聞 12月29日
タイ・プーケット ダイバー戻らず
クリスマス休暇でにぎわっていた青いビーチが、高さ10メートルもの大津波にのみ込まれた。26日のインドネシア・スマトラ沖地震で、タイ南部の世界的な保養地プーケット島は一瞬にして惨劇の地に。沖合で連絡を絶った何十隻もの船、海から戻らぬダイバーたち…。タイ当局は26日夕、「死者198人以上、負傷者2008人以上」と公表したが、時間とともに数字は増えるばかりだ。

投稿者 ken : 23:40 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月27日

有馬記念 ゼンノロブロイ 優勝

やっぱり強かった ゼンノロブロイ

前走 ジャパンカップ では3馬身差とぶっりぎりの強さを見せたが、
今回も記録を1秒塗り替えるレコードで優勝した。

ゼンノロブロイは、天皇賞ジャパンカップ に続き、秋のGIに3連勝を達成した。
秋のGI 3連勝は、2000年の テイエムオペラオー 以来 2馬目である。

オリビエ・ペリエ騎手は、一昨年昨年 とシンボリクリスエスで有馬記念を3連覇しており
これで3連覇を達成した。
有馬記念3連覇は、JRA史上初である。

なお、オリビエ・ペリエ騎手は、3ヶ月の短期滞在で獲得賞金は5000万円となるそうです。


日刊スポーツ 12月27日
ロブロイ「気持ちいい」V3/有馬記念
1番人気のゼンノロブロイ(牡4、藤沢和)がタップダンスシチーとのマッチレースを半馬身差で制して史上2頭目の秋G1・3連覇を飾った。1着賞金1億8000万円と2億円ボーナスを獲得。勝ち時計の2分29秒5は、昨年のシンボリクリスエスの記録を1秒塗り替える驚異のレコードだった。オリビエ・ペリエ騎手(31=フランス)は史上初の有馬記念3連覇を達成した。

サンケイスポーツ 12月27日
有馬記念】ゼンノロブロイ、王道・3冠!!
500億円グランプリはロブロイがV-。世界一の売り上げを誇る中央競馬の総決算、第49回有馬記念は、ゼンノロブロイが断然人気に応えて日本レコードで優勝。王道3冠制覇で1億8000万円の優勝賞金プラス2億円のボーナスを獲得。コンビを組んだ仏の名手オリビエ・ペリエ騎手(31)は有馬史上初となるV3を達成だ。

スポーツニッポン 12月27日
ペリエ「チョー気持ちいい」有馬V3
有馬記念3連覇の味は、凱旋門賞3連覇にも負けない格別の味だった。「チョー気持ちいい。日本とフランスで一番大事なレースを勝ち続けた。素晴らしいことだよ」。秋の古馬中、長距離G13連勝へ、最大の難関と思われたグランプリが一番楽だった。直線で右ムチを振るうと相棒は矢のように飛んでいった。しかも有馬記念で初めて2分30秒の壁を破るレコード。「イージートラベルだ。馬が競馬をよく知っている」。ペリエはロブロイの底力に脱帽した。

動画 JRA VideoInteractive

投稿者 ken : 21:09 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月25日

サンタさん追跡(本番)



サンタ追跡の準備はいいですか にて、お知らせしたとおり。
12月24日の夜、NORADが サンタさんを追跡しました

昨年は、富士山を通過するサンタさん が捉えられました。

今年は、富士山をバックに新幹線と競争するサンタさん が捉えられました。
NORADの観測によれば、サンタさんのソリのスピードは新幹線の100倍だそうです。


動画 新幹線と競争するサンタさん

投稿者 ken : 23:15 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月23日

サンタさん飛行を禁止される(その後)






9月に紹介した サンタさん飛行を禁止される ですが。

HOOPさん から情報を頂きました。

奥村弁護士の見解 で真面目に法律的な解釈を行っています。(笑)
「ただ、トナカイのソリがaircraftといえるのか?」

改正前のソルトレイク市の条文 には、サンタさんとは明記されていないですね。
クリスマスイブには、最低飛行高度 600m の規定が免除されるというものです。

改正後の条文 でもそのまま残されました。

これで、ソルトレイク市の子供たちも、無事プレゼントを貰えますね。(^o^)


掬ってみれば無数の刹那
ミサイル防衛といえば
そういえば、小型機の低空飛行(2000ft以下)を禁止する条例に唯一の例外として、「クリスマスイブに限り、空飛ぶトナカイおよびそれが引く荷物を除く」と定めていたユタ州ソルトレイクシティで、...

奥村弁護士の見解
最低飛行高度「サンタのそりは除外」米で条項削除論議
奥村弁護士はFAAの地上教官(advanced instrument)だったりするわけで、最低安全高度にはうるさいので、調べてみました。

SALT LAKE, UTAH: CITY CODE 改正前

SALT LAKE, UTAH: CITY CODE 改正後
Flight over the city-Minimum altitude.
Exemption for Flying Reindeer on Christmas Eve. On Christmas Eve only, flying reindeer and any cargo they may be towing shall be exempt from the two-thousand-foot height restriction and other provisions of subsection A of this section.

投稿者 ken : 22:02 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月19日

キュリオ君 ゴルフを楽しむ

ソニーの人間型ロボット「QRIO」の新型が発表されました。
今度のQRIOは、ゴルフが出来るなど、より人間に近い動きをするそうです。


朝日新聞 12月18日
パターゴルフができるキュリオ
ソニーは17日、2足歩行人型ロボット「QRIO(キュリオ)」の新技術を発表した。3次元で周囲を認識する能力が向上、自分でボールを見つけて、パターゴルフもできるようになった。このほか、段差や階段を上ったりできるようになった。18、19の両日、東京・銀座のソニービル(中央区銀座5の3の1)で一般公開される。

毎日新聞 12月17日
ロボット「キュリオ」の体験イベント
ソニーは18、19日の2日間、東京都中央区銀座の銀座ソニービルで二足歩行するエンターテインメントロボット「QRIO(キュリオ)」とコミュニケーションが楽しめるイベント「QRIOテクノロジーパーク2004」を開催する。

ソニー QRIO

投稿者 ken : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月18日

アシモ君 走る

ホンダの人間型ロボット「ASIMO」の新型が発表されました。
今度のASIMOは走るそうです。

公開されたビデオ を見る限りは、走るいうより早歩きですね。
アシスタントのおねえさんの方が速いですね (笑)
走ることもさることながら、経路誘導や迂回の技術にも感心しました。


朝日新聞 12月16日
「アシモ」成長、ジョギングも
ホンダは15日、二足歩行型ロボット「ASIMO(アシモ)」が、歩いている途中に走り出すことができるようになった、と発表した。最高時速はまだ3キロだが、人間がジョギングするような動きをロボットで実現させたのは世界初という。

ホンダ 12月15日
Honda、次世代ASIMOの技術を発表
Hondaは、人間と共存、協調できる新たなモビリティーを目指して、実環境のなかで、すばやく状況を判断して、機敏に行動することを可能とする次世代ASIMOの技術を発表した。
主な技術としては、
1)人間と同様な自然な走りを実現する新姿勢制御技術※
2)自律で連続移動する技術
3)人と同調してスムーズに動作する技術

ホンダ 次世代ASIMOの技術
動画 05分19秒

ホンダ ASIMO SPECIAL SITE

投稿者 ken : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月12日

サンタ追跡の準備はいいですか

12月24日の夜、NORADサンタさんを追跡します

昨年は、富士山を通過するサンタさん が捉えられましたが、
今年はどこを通過するのか楽しみです。

また、サンタさんの飛行を禁止した米国ソルトレイク市 では、
子供たちがプレゼントを受けとれるか、ちょっと心配です。

投稿者 ken : 23:12 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月08日

イルカ型 風力発電機


エアー・ドルフィンという名称の風力発電機が開発されたそうです。

ぱっと見は、イルカというより、ニタリ ですかね。

30万円とお手頃価格です。
ボーナスでお一ついかが(笑)


日経BP 12月08日
世界最軽量の1kW風力発電機を量産化、ゼファー
小型風力発電機専門メーカーのゼファー(本社:東京都渋谷区)は2004年12月7日、定格出力1kWで軽量・低騒音のプロペラ式小型風力発電機「エアドルフィン」を開発、来年から量産すると発表した。
風向きの変化を探る方向舵が、大空を優雅に舞う独特の動きをすることから、新型器を「エアドルフィン」と名付けたという。

ゼファー 12月01日
ゼファーの小型風力発電機「エアドルフィン」量産化決定
小型風力発電機の専門メーカー、ゼファー株式会社(本社・東京都渋谷区 伊藤瞭介社長)は、このたび、世界最高水準の発電性能を有し、実用性に優れた小型風力発電機「エアドルフィン」の量産化を決定いたしました。

投稿者 ken : 16:53 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月06日

三宅島、ダイビング再開に難題


三宅島は、来年2月に避難指示が解除される予定です。
帰島に向けての準備が進んでいます。

でも、ダイビングの再開はもう少し先になりそうです。

ダイビングに使用するのは、圧縮された空気です。
空気の成分 は、窒素78%、酸素20%、アルゴン1%、その他 となっています。
圧縮された高濃度の空気を呼吸すると、窒素酔い酸素中毒 などの症状を引き起こすことが知られています。
二酸化硫黄 もなんらかの症状を引き起こすことが予想されます。

我々は、陸上では、大気圧と同じ約1気圧の空気を呼吸しています。
水中では、周囲の圧力は水深10mごとに1気圧増していき、周囲の圧力と同じ気圧の空気を呼吸します。
例えば、水深30mでは、周囲の圧力は約4気圧となり、陸上の約4倍の量の空気を呼吸します。
水深30mより深くなると 窒素酔い に、水深40mより深くなると 酸素中毒 になると言われています。


読売新聞 12月6日
一斉帰島に備え、三宅島で避難訓練…火山ガスを想定
火山活動による全島避難が続いている東京都三宅村(伊豆諸島・三宅島)で6日夜、火山ガスの発生を想定した避難訓練が行われ、来年2月の一斉帰島に備えて島に入っている復旧工事関係者や村、都職員など計115人が参加した。

共同通信 11月8日
潜水ボンベにSO2大丈夫? 三宅島、観光客誘致に難題
火山ガス放出が続く中、来年2月に避難指示が解除される伊豆諸島・三宅島で、観光客誘致に期待がかかるスキューバダイビングに、難題が持ち上がっている。島で二酸化硫黄(SO2)を含む空気をボンベに詰め、海中で吸った際の健康への影響が分からないためだ。

ラナの日々
三宅島のダイビング
三宅島では来年2月に避難指示が解除されます。それに伴い、ダイビングも復活するかと思うのですが、それに関してちょっと気になるニュースがありましたので、紹介したいと思います。

三宅村役場・東京都三宅支庁

東京都 三宅島災害情報

投稿者 ken : 23:59 | コメント (4) | トラックバック