« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

2005年01月31日

どら☆chan 発見


dorachan

フォーラム@nifty にてダイビング仲間の どら☆chan が紹介されています。

以前は「南武線友の会」の会長として、ダイビング・オフを頻繁に開催していました。

現在は、タイに長期滞在しています。
地の利を活かして、いちはやく 津波後のプーケットの情報 などを投稿しています。


- divedora's Dive-web
- どら☆chan's Web Site
- divedoraさんのマイページ

投稿者 ken : 23:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月30日

ダイビング・フェスティバル

diving spro

1月29日、東京ビックサイトで開催された ダイビング・フェスティバル に行ってきた。
ゆっくり回っても2時間くらいで見終わった。
年々縮小しているようで、ちょっと寂しい感じだった。

入り口脇のカタログコーナーで、FDIVING のCD-ROMを入手する。
自分の作品がどうなっているか、家に帰ってから確認しよう。(^o^)

スマトラ沖地震特設コーナーがあり、
プーケットとモルジブの現地スタッフが来ていた。
マリンクエスト のミカさんがいたので、プーケットの状況を聞く。
ひとまず、街は平常に戻り、ダイビングも毎日実施しているとのこと。

スクーバーワールド のブースでスタッフと雑談する。
最新のバリ島情報を聞く。
シークレットベイ が地元の都合で閉鎖されたとのこと。
マクロ派には PJ がお薦めとのこと。

マーシャル諸島 のブースでスタッフと雑談する。
越智隆治さん 撮影のカレンダーを貰う。
当人がいたのでサインを貰えばよかったと後で気づく。

ふくしま水族館 がトラックで出前してきていた。
タッチングプールとオホーツクのサカナたちを見学する。

Sプロ が20年前のBCの復刻版を参考出展していた。
私がダイビングを始めたころのタイプなので、懐かしい感じがした。

同時開催の 水中映像祭 を見ようと、パナソニック館に移動したが。
長蛇の列で諦める。
スタッフで来ていた 佐藤宏さん と雑談する。

抽選の残念賞としてビール券を貰ったので、
お台場まで移動し、友人とビールを飲む。

例年だと、FDIVING のオフがあるのだが、
今年は「出展せず」となったうえ、
宴会オフは明日の日曜日となった。

おとなしく帰る。


ブログの記事を拾ってみる

じゅりのぶらぶら日記
ダイビングフェスティバル
東京な1日を過ごした日曜日
ダイビングフェスティバル(ダイフェス)に行ってきました。

ピスタチオのぶろぐ
ダイビングフェスティバルに行ってきた
毎年恒例、ビッグサイトのダイビングフェスティバル。
今年の目新しい出し物は以下の通り。
[National BF-450P]
[SCUBAPRO Jet Fin REVO]

BitArts
ダイビングフェスティバル
E-300の防水プロテクタのお披露目があるかもしれない、と密かに期待していたのですが、オリンパスのブース自体がなかった。

おかのわたくし ~まおのネコと植物日記~
ダイビング・フェスティバル
年に一度のダイビング業界の展示会が、東京ビッグサイトで開催されているのに行って来ました。
入場料が1000円と高いですが、招待券をゲットして無料です。(^^) (無料でなければ…^^;)

毎日の出来事
ダイビングフェスティバル
東京ビックサイトでダイビングフェスティバル2005と言うのが開かれていたので家から近い事もあり行ってみた。

投稿者 ken : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月27日

頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その3)

fuji fuji fuji

昨年 紹介した 頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ ですが、
相次いでTVで紹介されました。

どうぶつ奇想天外 は見ていないのですが、
アンビリバボー は見ました。

壊疽を起こした尾びれや、切除されて小さくなった尾びれが映し出されて、
痛々しい感じでした。
ジャンプ出来るまで回復して、良かったですね。

人工尾びれには、最先端技術の素材が使われているし、
水槽実験で流体特性まで調べていたんですね。
ブリヂストン が、そこまで、力を入れていたとは思わなかった。


アンビリバボー 1月27日 WEB上の情報では、ここが一番詳しい
フジを救え
沖縄本島の北、本部町にある海洋博記念公園、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館。ここに飼育記録28年目というメスのバンドウイルカ、フジ(推定34歳)がいた。フジに異変が起こったのは2002年秋のことだった。

どうぶつ奇想天外 1月16日
尾ビレを失ったイルカの奇跡の復活物語
沖縄 美ら海(ちゅらうみ)水族館。すごいスピードで優雅に泳ぎ回るイルカたちの中に、一頭だけ元気なく浮いているだけのイルカが。メスイルカのフジです。

ブリヂストン
イルカ人工尾びれプロジェクト
「うちの水族館に、尾びれの末端が原因不明の病気により壊死してしまったイルカがいます。その尾びれを、ブリヂストンのゴム技術でなんとか再生出来ませんか?」 2002年11月、沖縄美ら海水族館から、ブリヂストンにこのような打診がありました。

信越化学
人工尾びれの製作にシリコーンゴムが活躍
難病のイルカが人工尾びれでリハビリ
国営「沖縄美ら海水族館」で、病気で尾びれを失ったバンドウイルカが人工尾びれを装着してリハビリに励み、今では健康だったころと変らないスピードで泳げるようになっています。今回、この人工尾びれの製作に信越化学のシリコーンゴムが活躍しました。

沖縄美ら海水族館
バンドウイルカ「フジ」人工尾びれプロジェクト
イルカは体に異物(いぶつ)を付けられることを極端に嫌がります。そのため、フジの人工尾びれ装着訓練は時間をかけて段階的に行われました。

頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その4)
頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ (その2)
頑張れ フジ! 人工尾びれイルカ

投稿者 ken : 22:27 | コメント (2) | トラックバック

2005年01月25日

総務省・経産省 迷惑メール対策 に本腰

現在インターネットを流れるメールの90%は 迷惑メールだと言われています

日本では 「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」 が制定されていますが、
これは「迷惑メール 促進法」と揶揄されるくらい実行性のないものでした。

総務省・経産省が本腰を入れて取り組むようです。

技術的には、プロバイザが迷惑メールを遮断することは可能です。
100%とはいきませんが、1/10以下に減少させることができます。

しかし、現行では、プロバイザが電子メールの内容を見て
迷惑メールと判定しそれを廃棄するなどの処理を行うことは、
通信の秘密に抵触するため、事実上禁止されていました。

今回は一歩踏むこんで、
プロバイザにその辺の権限を与えるようです。

現状の迷惑メールの送信元は、
常時接続しながらセキュリティには無防備なゾンビPCと言われています。
送信者認証技術は、送信元が正当なメールサーバーであるか否かを識別する技術です。

この技術の導入による副作用もあります。
自宅サーバーの多くはメールの送信はできなくなると言われています。
今まで使えていた機能が使えなくなることには、不満に思う人もいるでしょう。
これだけ蔓延している迷惑メールの対策には、
個人といえども責任を負担すべきだという考えが強くなっています。
自宅サーバーを立てている人はそれなりの対処が必要です。


産経新聞 1月21日
総務省「迷惑メール」対策の新施策を来月開始 官民で悪質業者“撃退”
インターネットを通じて、通信販売などの広告をパソコンや携帯電話に一方的に送り付ける「迷惑メール」について、総務省は二十日、インターネット接続事業者(ISP)による自主的な迷惑メール対策を促す新施策「迷惑メール追放支援プロジェクト」を、二月上旬に開始することを明らかにした。来週発表する。同省は今通常国会に罰則強化した迷惑メール規制関連法の改正案も提出する予定で、官民で悪質業者対策を本格化させたいとしている。

INTERNET Watch 1月24日
経産省、迷惑メール対策を取りまとめ~ISPや携帯電話事業者に協力を要請
経済産業省は24日、「通信販売の新たな課題に関する研究会」の第3回会合で迷惑メール対策案を取りまとめた。今後はISPや携帯電話事業者などに協力を要請するという。

日経BP 2004年11月15日
どうなる? メールの送信者認証
迷惑メールやフィッシング(オンライン詐欺の一種)対策の一つとして期待されるメールの送信者認証技術。米Microsoftなどによる「Sender ID」や米Yahoo!の「DomainKeys」が有名だ。特に,Sender IDは「まもなく“インターネット標準”になる」といわれ期待されていたものの,標準化が頓挫。と思ったら,再び標準化を目指してIETF(Internet Engineering Task Force)に提出されるなど,動きが目まぐるしい。

IT media 2004年7月13日
ひそかに拡大するゾンビPCの脅威、その危険性とは
この1年間にわたって際限なく続くように思えた大量のワームの蔓延は、その跡に一層厄介なトラブルの種を残していった。ゾンビと化したPC軍団である。これらのゾンビPCは、スパムを送りつけたり、Webサイトを攻撃したり、インターネット上で混乱を引き起こしたりするのに利用される可能性があるのだ。


投稿者 ken : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月24日

空港で暮らす男

terminal_man terminal_man terminal_man

映画 「ターミナル」 のモデルは、実在します。
フランスのドゴール空港に暮らすアルフレッド・メーラン氏です。
自叙伝 「The Terminal Man」 も出版されています。

世の中いろいろな人がいますね。


X51.ORG 2004年8月10日
16年間、空港で生活する男 フランス
16年前、空港に到着した日のようにアルフレッド・マーハンは今日も静かにシャルル・ド・ゴール空港のベンチに腰掛けている。彼の家具は生活用品が納められたバッグ、そしていくつかの段ボール箱のみである。

X51.ORG 2004年11月20日
16年間、空港で暮らす男がついに搭乗ゲートへ - 視察番外編
今回、最終視察ポイントとして予定していたイースター島滞在中、16年間空港で暮らす男として知られるアルフレッド・メーラン氏がこの程ついにパリのドゴール空港を離れるとの情報を得た為、私は予定を変更し、急遽パリへと向かった。

映画好き集れ 2004年12月26日
「ターミナル」のモデルは16年間シャルル・ドゴール空港に住んでいた。
「ターミナル」のモデルとなったメーラン・カリミ・ナセリさんは本作以前に「パリ空港の人々」(93)でもモデルとなったことがあるそうです。
彼は88年8月8日から12月現在までシャルル・ド・ゴール空港に住み続け、最近その生活を綴った日記を自叙伝として編集し直し、「The Terminal Man」として出版した。

まうんとくっく日誌 1月6日
ターミナルのモデル実在
映画『 ターミナル』は実話にある程度基づく話だ。
実話はなんとフランス・パリが舞台で、シャルル・ドゴール空港にいる人物がモデル。

The Terminal Man

投稿者 ken : 23:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月23日

国連防災世界会議

bousai bousai bousai

先週、神戸で 国連防災世界会議 が開催された。
これは阪神・淡路大震災から10年の節目として開催されたものだが。
昨年暮れにスマトラ沖地震が発生したことで、国際的な津波警戒システムの構築が大きな焦点となった。
津波の経験は豊富な日本からも積極的な提案が出された。

心配なことが一つ。
1997年に京都で開催された地球温暖化会議では、京都議定書 が高々と宣言されたが。
その後の実施には日本を含めて各国とも及び腰であった。

口約束だけにならないことを期待しよう。


毎日新聞 1月22日
国連防災会議:行動枠組 早期警報システムの構築、強化を
5日間にわたり神戸市で開かれていた国連防災世界会議は22日、「兵庫宣言」と今後10年間の国際的な防災戦略の指針となる「兵庫行動枠組」を採択して閉幕した。宣言はスマトラ沖大地震・インド洋大津波を「未曽有の災害」と表現し、犠牲者や被災地域に哀悼と連帯の意を表明。「災害予防の文化」の強化をうたった。枠組には、各地域ですべての自然災害を対象にした効果的な早期警報システムを構築し強化することが盛り込まれた。同地震を受け、インド洋地域の津波警戒システム構築策などを盛り込んだ共同声明も出した。

朝日新聞 1月19日
インド洋沿岸に暫定で津波情報 防災会議で日米が表明
インド洋沿岸地域の津波早期警戒システムの構築に向けた、国連防災世界会議の特別分科会が19日、神戸市で始まった。日本と米国は、太平洋を中心とする既存の観測網で得られた津波情報を暫定的に提供する方針を表明した。日米両国が今後、調整作業を進め、運用ルールなどについても検討する。この日の専門家による議論は議長報告としてまとめられ、20日にある各国政府の代表らが集まる全体会合に引き継がれる。また、分科会の中で東北大の今村文彦教授が、インド洋大津波が発生した12月26日を「国際津波の日」に定めることを提唱した。

毎日新聞 1月19日
国連防災会議:警戒システムを世界規模に 小泉首相が訴え
小泉純一郎首相は18日、国連防災世界会議に関連して神戸市で開かれた討論会に出席し、「津波早期警戒システムをインド洋のみならず、世界で整備する必要があるのではないか」と訴え、インド洋地域で構築することになった警戒システムを世界規模に拡大すべきだとの考えを示した。さらに「世界全体が津波に備える観点から日本は何らかの役割を果たすことができるのではないか」と述べ、日本政府として全面的に支援する方針を強調した。

国連防災世界会議
昨年12月23日(現地時間)、第58回国連総会において、我が国からの提案のもと、141カ国より共同提案された「国連防災世界会議」に関する決議案が全会一致で採択されました。これにより、阪神・淡路大震災から10年となる2005年1月の機会をとらえ、次のとおり、我が国において国連防災世界会議が開催されることとなりました

国際防災戦略(ISDR)
国連の国際防災戦略(ISDR)は国連総会によって2000年に設立されたプログラムで、自然災害やそれに関連する事故災害および環境上の現象から生じた人的、社会的、経済的、環境的損失を減少させるための活動にグローバルな枠組みを与えるという目的をもつ。ISDRは、持続可能な開発に不可欠な要素として、防災の重要性に対する認識を高めることで、災害からの回復力を十分に備えたコミュニティーを作ることを目ざしている。

投稿者 ken : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月22日

映画「ターミナル」

terminal terminal terminal

映画「ターミナル」を観た。
なかなか面白かった。

トム・ハンクス は芸達者ですね。
英語のしゃべれない東欧人をうまく演じてました。
「約束」の中身が分かったときは、ホロリとさせるものがあったが、
最後まで見終わったときは、それでいいのかという感じだな。

不倫に悩むスッチーを演じた キャサリン・ゼタ・ジョーンズは、美人すぎて役に合わなんなぁ。

空港管理局責任者役の スタンリー・トゥッチ は、法に従ってなんとか対処しようとする小役人を演じて、なかなか良かった。
トム・ハンクスとの掛け合いはシュールな漫才だ。

なお、この映画のモデルは実在します。
空港で暮らす男

この映画はスピルバーグ作品にしては「凡庸だ」との評価が多い。
私もそう思ったが、徒然雑草 にて言及されいることを読んで、なるほどなと思った。


公式サイト
予告編(動画)
オリジナル・サウンドトラック

Yahoo! ムービー
スティーヴン・スピルバーグ監督が“空港から出られなくなった男”にスポットをあてて描いた感動のヒューマン・ドラマ。主演にトム・ハンクスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズという大スターの演技が、空港という限られた空間での人間関係に深みを加える。実際に建設された空港内のセットには実際にテナントも入り、本物そっくりの精巧な出来。

京の昼寝~♪
トム・ハンクスは昔から好きな役者で、彼を決して演技が上手い役者だとは思わないが、何故かいつも彼のペースにはまられてしまう(笑) それは役者としての本質的なものであり、生来の役者気質を備えているのだと僕は思う。つまりどんな役を演じても、それは「トム・ハンクス」自身にしてしまうところにある。

Pocket Warmer
大きな感動はありませんでしたが小ネタ満載で終始笑わせてもらいました。基本的に細かいエピソードの積み重ねで構成されています。東欧にあるらしき国クロコウジアからきたビクターのキャラクターについても、やってきた目的のほかは、最後まで説明されません。それぞれの事情を抱えて空港にいるたくさんの人々の中の一人に過ぎない、そんな扱いです。

徒然雑草 2004年12月23日
「ターミナル」に隠された意図
そこで「徒然雑草」では、いくつかの観点から「ターミナル」でスティーヴン・スピルバーグが表現しようとした隠された意図を考えていきたい、と思うのだ。


投稿者 ken : 23:44 | コメント (4) | トラックバック

2005年01月19日

土星探査機ホイヘンス 衛星タイタン に着陸

huygens huygens huygens

1月14日、NASAの土星探査機カッシーニの搭載されていた ESAの小型探査機ホイヘンス が土星の衛星タイタン に着陸した。

カッシーニ は土星の衛星を発見した17世紀の天文学者。

ホイヘンス は土星の輪を発見した17世紀の天文学者。

タイタン は元々はギリシャ神話の巨人族のこと。
マーラーの交響曲 のタイトルにもなっている。
爆笑問題の所属事務所 もこの名称を使っている。
一般には、土星で最大の衛星を指す。


朝日新聞 1月19日
探査機ホイヘンスはタイタンの「泥」に着地
小型探査機ホイヘンスは、土星最大の衛星タイタンの「泥」の上に着地した――。地球に届いた各種データを解析した結果、欧州宇宙機関(ESA)は18日、そう結論づけた。

朝日新聞 1月14日
土星の衛星タイタンに探査機が初着陸
欧州宇宙機関(ESA)の小型探査機ホイヘンスが米東部時間14日早朝(日本時間同日夜)、土星最大の衛星タイタンの大気圏に突入し、約2時間半後に人工物体として初めて凍える地表に着地した。同機関が発表した。降下中に集めたデータや画像は地球へ届き始めた。生命誕生前夜の地球に似た環境と考えられているタイタンの素顔が、17世紀の発見以来350年にして明らかになる。

ESA 1月14日
Europe reaches new frontier
Today, after its seven-year journey through the Solar System on board the Cassini spacecraft, ESA’s Huygens probe has successfully descended through the atmosphere of Titan, Saturn’s largest moon, and safely landed on its surface.

日本惑星協会
カッシーニ・ホイヘンス・ミッション
カッシーニ・ミッションは、NASA(米航空宇宙局)の土星探査機カッシーニと衛星タイタンを探査するESA(ヨーロッパ宇宙機関)のホイヘンス・プローブからなるミッションである。

投稿者 ken : 23:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月13日

水中で話せるマウスピース


ram_mouth

一昨日の Water Talkies に続いて、「水中で話そう」ネタです。

ラム研究所が「水中で話せるマウスピース」を開発したそうです。
どんなものなのでしょうね。


FujiSankei Business i. 2004年12月3日
水中で話せるダイビング用マウスピース、ラム研究所などが開発
ダイビング用品開発のラム研究所(川崎市多摩区)は、神奈川工科大学福祉システム工学科の西原主計教授と共同で、水中で話せるマウスピースを開発した。既存製品よりも、くわえ口を大きめにし、上下の歯並びに合うようにした。

神奈川工科大学
西原 主計(にしはら かずえ)プロフィール

mic21
RAM マウスピース
咽喉の渇きによる苦痛を著しく軽減する。マウスピースが
外れにくい。強く噛まなくてもよい。あごの疲労がほとんどない。
自分の口の一部になったような使用感。

BubbleRing
水中で話せるマウスピース
フジサンケイビジネスの記事によるとRAM研究所が水中で話せるマウスピースを開発したそうです。

投稿者 ken : 20:18 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月12日

机 潜之介さん ブログ


私の旅行指南役である 机 潜之介さん がブログを始めました。
Where to go for scuba diving

机さんは、FDIVING に海外ダイビングの情報を投稿されていますが。
今後は、ブログを活用した記事が投稿されるようになるでしょう。

さて、今年のゴールデンウイークはどこに行きますか。
昨年は、机さんと一緒に シパダン に行きましたね。


Where to go for scuba diving
ゴールデンウイークはどうしよう
ホルボッシュのジンベイにはまだ早そうですが、カンクン&コスメル、
インドネシアならコモドかウエストパプア、トギアンもある。
プーケットの様子チェックと、サムイ、タオ島巡りか?

投稿者 ken : 21:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月11日

Water Talkies

Rich Stachowski 君っていう子供が自分で考えたそうです。
やるもんだね。(^o^)

ところで、声が水中で伝播する原理ですが。
まずは声が振動する空気の空間が必要で、その振動が水中を伝播します。

水中で口を開けると、口に中に水が入って、空気の空間が無くなります。
マススピースをくわえた状態で話すと、空気の空間が小さいため、音量も小さい。
ハミングなどリズムだけのものは、よく聞こえますね。
手袋に空気を入れて、空気の空間を確保して、手袋をメガホン代わりにする方法もあります。
よく、イントラが小技のひとつにしていますね。

別の原理として、骨伝導があります。
音が骨を伝播して、鼓膜を通さずに、直接耳の中に響くものです。
マウスピースを相手の頭にくっつけて話すと、それなりに聞こえます。
交互に会話するのは大変ですけど。


SMARTHOME
Water Talkies
Have a Conversation Under Water!
Talk to your friends underwater from up to 15-ft. away
Invent new pool games without constantly going to the surface to hear the details
Works without batteries or wires
Invented by a kid himself
Price $11.99

小太郎ぶろぐ
Water Talkies
水中で会話ができちゃう素敵アイテムだよ!
これってちょっと前に聞いた事あるよ!Rich Stachowski君っていう子供が自分で考えて発明したアイテムなんだよ!そんで特許もとって商品化されたんだよ!

古今東西製品情報E
http://www.seihin.com/archives/000890.html
水中で会話 『Water Talkies』
水中で会話できる道具。メガホンのように使用します。最大15フィート(約 4.5m)離れての会話が可能。

投稿者 ken : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月09日

Wendy in Sipadan

wwndy wwndy wwndy

Wendyは、3年前にマレーシアで知り合った中国娘です。
たびたび、旅行の写真を送ってくれます。

今回は、シパダン に行ったようです。

過去の旅行写真はこちら。
Wendy : Chinese girl

私も 昨年5月にシパダン に行きました。
昨年いっぱいで、シパダンのリゾートは閉鎖され、マレーシア政府の直轄地になるようです。
そのうち、国営のリゾートが出来るんじゃないかという噂もありますね。


投稿者 ken : 23:37 | コメント (2) | トラックバック

2005年01月05日

アロハ航空が破産

12月31日、アロハ航空が連邦破産法11条の申請を行った。
日本の民事再生法に相当する手続きなので、当面は今まで通りの運行が行われるなずですが。
アロハ航空のサイト には、下記の案内が出ています。
・2004年12月10日をもちまして、ホノルル-ラロトンガ(クック諸島)間の運航を中止いたします。
・2005年1月10日をもちまして、ホノルル-マジュロ(マーシャル諸島)間の運航を中止いたします。
・2005年1月12日をもちまして、ホノルル-パゴパゴ(アメリカン・サモア)間の運航を中止いたします。

3年前に、マジュロに行ったことがある。
マジュロへは、
ハワイからアロハ航空を利用するか、
グアムからコンチネンタル航空を利用するか、
の2つしか航路がない。
私は、グアム経由を利用したが、グアム=マジュロ間は8時間かかりました。

ライバルのハワイアン航空も 2003年に米連邦破産法を申請しています。
南の楽園といえども、景気の風は冷たいようです。


日経新聞 2004年12月31日
米アロハ航空が破産申請
米アロハ航空グループは30日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。同社は通常通りの運航を続けるとしている

CNN 2004年12月31日
米アロハ航空が破産法を申請、運航通常通りと
ホノルル――米ハワイ州での業界2位、アロハ航空グループは30日、連邦破産法11条の適用を申請した、と発表した。運航は通常通り実施すると述べた。同社は約1カ月前、経営再建を目指し、首脳陣12人のレイオフ、幹部削減などの合理化を発表していた。

ホノルル・アドバイザイリ 2004年12月31日
Aloha Airlines: From beginning to bankruptcy
1946
Trans-Pacific Airlines' inaugural flight. The first plane used was a war surplus DC-3.

読売新聞 2003年3月22日
米中堅ハワイアン航空が破たん、イラク開戦後初
米中堅航空ハワイアン航空は21日、日本の会社更生法に当たる米連邦破産法11章の適用をハワイ州の連邦破産裁判所に申請した。イラク開戦後、主要航空会社の破たんは初めて。

アロハ航空

ハワイアン航空

コンチネンタル航空

投稿者 ken : 22:17 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月01日

謹賀新年


マレーシアの旅行記はこちら


投稿者 ken : 12:12 | コメント (2) | トラックバック