« 謹賀新年 | メイン | Wendy in Sipadan »

2005年01月05日

アロハ航空が破産

12月31日、アロハ航空が連邦破産法11条の申請を行った。
日本の民事再生法に相当する手続きなので、当面は今まで通りの運行が行われるなずですが。
アロハ航空のサイト には、下記の案内が出ています。
・2004年12月10日をもちまして、ホノルル-ラロトンガ(クック諸島)間の運航を中止いたします。
・2005年1月10日をもちまして、ホノルル-マジュロ(マーシャル諸島)間の運航を中止いたします。
・2005年1月12日をもちまして、ホノルル-パゴパゴ(アメリカン・サモア)間の運航を中止いたします。

3年前に、マジュロに行ったことがある。
マジュロへは、
ハワイからアロハ航空を利用するか、
グアムからコンチネンタル航空を利用するか、
の2つしか航路がない。
私は、グアム経由を利用したが、グアム=マジュロ間は8時間かかりました。

ライバルのハワイアン航空も 2003年に米連邦破産法を申請しています。
南の楽園といえども、景気の風は冷たいようです。


日経新聞 2004年12月31日
米アロハ航空が破産申請
米アロハ航空グループは30日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。同社は通常通りの運航を続けるとしている

CNN 2004年12月31日
米アロハ航空が破産法を申請、運航通常通りと
ホノルル――米ハワイ州での業界2位、アロハ航空グループは30日、連邦破産法11条の適用を申請した、と発表した。運航は通常通り実施すると述べた。同社は約1カ月前、経営再建を目指し、首脳陣12人のレイオフ、幹部削減などの合理化を発表していた。

ホノルル・アドバイザイリ 2004年12月31日
Aloha Airlines: From beginning to bankruptcy
1946
Trans-Pacific Airlines' inaugural flight. The first plane used was a war surplus DC-3.

読売新聞 2003年3月22日
米中堅ハワイアン航空が破たん、イラク開戦後初
米中堅航空ハワイアン航空は21日、日本の会社更生法に当たる米連邦破産法11章の適用をハワイ州の連邦破産裁判所に申請した。イラク開戦後、主要航空会社の破たんは初めて。

アロハ航空

ハワイアン航空

コンチネンタル航空

投稿者 ken : 2005年01月05日 22:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/188

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。