« 水中で話せるマウスピース | メイン | 映画「ターミナル」 »

2005年01月19日

土星探査機ホイヘンス 衛星タイタン に着陸

huygens huygens huygens

1月14日、NASAの土星探査機カッシーニの搭載されていた ESAの小型探査機ホイヘンス が土星の衛星タイタン に着陸した。

カッシーニ は土星の衛星を発見した17世紀の天文学者。

ホイヘンス は土星の輪を発見した17世紀の天文学者。

タイタン は元々はギリシャ神話の巨人族のこと。
マーラーの交響曲 のタイトルにもなっている。
爆笑問題の所属事務所 もこの名称を使っている。
一般には、土星で最大の衛星を指す。


朝日新聞 1月19日
探査機ホイヘンスはタイタンの「泥」に着地
小型探査機ホイヘンスは、土星最大の衛星タイタンの「泥」の上に着地した――。地球に届いた各種データを解析した結果、欧州宇宙機関(ESA)は18日、そう結論づけた。

朝日新聞 1月14日
土星の衛星タイタンに探査機が初着陸
欧州宇宙機関(ESA)の小型探査機ホイヘンスが米東部時間14日早朝(日本時間同日夜)、土星最大の衛星タイタンの大気圏に突入し、約2時間半後に人工物体として初めて凍える地表に着地した。同機関が発表した。降下中に集めたデータや画像は地球へ届き始めた。生命誕生前夜の地球に似た環境と考えられているタイタンの素顔が、17世紀の発見以来350年にして明らかになる。

ESA 1月14日
Europe reaches new frontier
Today, after its seven-year journey through the Solar System on board the Cassini spacecraft, ESA’s Huygens probe has successfully descended through the atmosphere of Titan, Saturn’s largest moon, and safely landed on its surface.

日本惑星協会
カッシーニ・ホイヘンス・ミッション
カッシーニ・ミッションは、NASA(米航空宇宙局)の土星探査機カッシーニと衛星タイタンを探査するESA(ヨーロッパ宇宙機関)のホイヘンス・プローブからなるミッションである。

投稿者 ken : 2005年01月19日 23:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/193

このリストは、次のエントリーを参照しています: 土星探査機ホイヘンス 衛星タイタン に着陸:

» タイタンに探査機着陸へ 初の本格探査に挑む from NewsToday-9
 土星を周回中の米欧の無人探査機カッシーニから昨年末に 放出された小型探査機ホイヘンスが、米東部時間の14日早朝、土星の最大の 衛星タイタンへの着陸を目指し、大... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年01月31日 20:04

» 心を無にし、彼方の星が息吹く様を見よ from あやしうこそものぐるほしけれ
 1997年に打ち上げられたカッシーニが2004年7月に土星の軌道に乗った。そして今年の1月14日、土星の衛星「タイタン」へ向けて探査機(プローブ)ホイヘンスを... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月08日 13:02

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。