« 三宅島 海洋調査 | メイン | ニモ 裁判になる »

2005年02月08日

シャチ 流氷に閉じ込められる

orca orca

シャチの群れ12頭が、知床の海岸で流氷に閉じこめられていたが、
1頭除き死亡した。
遠洋水産研究所加藤秀弘 氏の話では、
「シャチの予測を超えるような急激な氷の変化があったか、
北の海に慣れていないシャチが迷い込んだかのいずれかではないか」
とのこと。

シャチって、もっと利口だと思ってました。
自然界には色々な出来事があるんですね。


毎日新聞 2月8日
シャチ:流氷に挟まれ1頭除き死ぬ
北海道羅臼町相泊の海岸で流氷に閉じこめられたシャチの群れは12頭で、11頭死んだのが8日確認された。生き残った1頭は衰弱していたが、同午後1時前に姿が見えなくなった。自力で沖へ脱出したとみられる。

毎日新聞 2月7日
シャチ:流氷にはさまれ動けず
北海道根室管内羅臼町相泊の知床半島の海岸で7日、10頭のシャチの群れが流氷にはさまれ、動けなくなっているのが見つかった。流氷にぶつかって背びれなどから血を流しているシャチもおり、既に半数は死んでいるとみられる。

TBS 2月8日
シャチ9頭が流氷に閉じ込められる
北海道・知床の海岸で、流氷にシャチ9頭が閉じ込められているのが見つかりました。地元の町などが救助を試みたものの、シャチは弱って動けない状況となっています。
TBS 動画

遠洋水産研究所

加藤秀弘:鯨とのつきあいかたを考える

投稿者 ken : 2005年02月08日 18:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/203

このリストは、次のエントリーを参照しています: シャチ 流氷に閉じ込められる:

» 日本海セトロジー研究会第16回大会公開講演会 from 函館食遊日記
鯨類学の学会である、「日本海セトロジー研究会」の第16回大会が函館で開催されるにあたり、公開講演会が6月26日(日)午前10時より15時まで函館国際ホテルで開催... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月27日 21:56

コメント

このことについて、函館で講演会がありますよ。
TB送らせてもらいます。

投稿者 函館コンシェルジェ : 2005年05月27日 21:52

講演会の情報ありがとうございます。
このために、わざわざ函館まで行けないので、
FDIVINGで紹介しておきました。

投稿者 ken : 2005年05月27日 23:34

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。