« セミクジラ 伊豆大島に打ち上げられる | メイン | リチャード・王 さん 発見 »

2005年02月27日

H2A型ロケット 打上げ成功

H2A rocket H2A rocket

日本がロケットを開発することには、いろいろ議論もあるでしょうが。
久しぶりの成功であり、素直に喜んでおこう。

朝日新聞 3月1日
待望の新衛星、順調「一人旅」
2月26日にH2Aロケットで打ち上げられた運輸多目的衛星新1号(MTSAT―1R)は1日現在、地球の周りを予定通り飛行している。計画した経路との誤差は7キロ以内と順調だ。今後、太陽電池パネルを開くなどして8日には静止軌道に入る。予定通りならば、今月中には初めての画像が地上に届く。気象衛星「ひまわり」の撮影ができなくなって2年近く。5月末の運用開始をめざし、気象庁は約3万6000キロ上空との交信を続ける。

朝日新聞 2月28日
H2A、補助ロケット回収へ
打ち上げに成功したH2A7号機で、宇宙航空研究開発機構は、発射直後に分離され海底に沈んだ補助ロケットを追跡、回収する技術開発に乗り出した。海面への落下地点はすでに飛行機で上空から確認しており、近く調査船で音波を頼りに落下場所を特定する。前回は、失敗の原因となった大型固体補助ロケット(SRB)の回収を試みたが実現せず、原因解明に課題を残していた。

朝日新聞 2月26日
H2Aロケット7号機打ち上げ成功
国産大型ロケット「H2A」7号機が26日、鹿児島県・種子島の宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターから打ち上げられた。03年11月の失敗から1年3カ月ぶりの再開で、気象衛星「ひまわり5号」の後継となる運輸多目的衛星新1号(MTSAT-1R)を予定通り分離し、打ち上げは成功した。揺らいでいた信頼をつなぎ留め、停滞していた日本の宇宙開発が再び動き出す。

宇宙航空研究開発機構 2月26日
MTSAT-1R/H-IIA・F7の打上げ結果について
H-IIAロケット7号機(H-IIA・F7)は、平成17年2月26日18時25分(日本時間標準時)に、種子島宇宙センターから運輸多目的衛星新1号(MTSAT-1R)を搭載し、発射方位角102度で打ち上げられました。
ロケットは正常に飛行し、発射後約40分02秒後にMTSAT-1Rを分離したことを確認しました。
今回のH-IIAロケット7号機打上げ実施にご協力いただきました関係各方面に深甚の謝意を表します。

気象庁 2月26日
運輸多目的衛星新1号(MTSAT-1R)の打ち上げ成功について
先ほど、H-ⅡAロケット7号機による運輸多目的衛星(MTSAT)新1号の打ち上げが成功したとの報告を受けました。気象庁としては「ひまわり5号」の後継機の待ちに待った誕生であり、大変喜ばしく感じております。関係者のこれまでのご努力に感謝申し上げます。

宇宙航空研究開発機構
H-IIAロケット6号機事故
Q01. 何がおこったのですか。
Q02. SRB-Aの分離失敗とはどういうことですか。
Q03. JAXAの対応はどうだったのですか。
などなど

投稿者 ken : 2005年02月27日 23:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/208

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。