« 沖ノ鳥島 | メイン | 横浜の桜は八分咲き »

2005年04月05日

ホオジロザメ 海へ帰る

shark shark shark

モントレー水族館で飼育されていたホオジロザメが、約6ヶ月で海に帰されました。
捕獲されたときは28キロだった体重は73キロまで増えて、
本来の獰猛な性格が顕在化してきたことで、
水槽の他のサカナが食われる危険が増してきたようです。

ホオジロザメは、映画「ジョーズ」のイメージが強いですが、
実際にホオジロザメが人間を襲う事故がほとんどないらしいです。
逆に、カルフォルニア沿岸では年間20頭程度、
人間がホオジロザメを捕獲して殺しているようです。


産経新聞
人食いザメ飼育 198日間で断念
米モントレー水族館(カリフォルニア州)は、映画「ジョーズ」のモデルとなった人食いザメとして知られるホオジロザメの飼育を断念し、太平洋に放した。飼育期間は、過去最長だった16日間を大きく上回る198日間を記録。飼育員から餌をもらうなど、「飼育に初成功したジョーズ」として人気を集めていた

Monterey Bay Aquarium
White Shark Returned to the Wild
After spending more than six months in our Outer Bay exhibit, a young white shark was tagged and returned to the wild on March 31. We learned a lot about caring for white sharks on exhibit, and hope to learn more about what she does in the wild from the electronic data tag she's now carrying. We'll begin a fourth white shark field season this summer. Find out more about our white shark project.

みよしてつおのぼやき部屋 4月4日
ホオジロザメ、海へ帰る
うーん、残念。ホオジロザメがみれる水族館は世界にここひとつだったのに。
こんなことなら、一昨年アメリカに行ったときにぜひとも見に行くべきだった・・・。
もうホオジロザメをみるためにはケージをつかうダイビングをするしかないのかなぁ。

シリコンバレー地方版 4月2日
モントレー水族館、ホオジロ鮫の飼育を断念、海へ
今まで人間により飼育されたことがないので、まだ未知の点が多いホオジロ鮫の生態を観察するよい機会だったのですが、一匹で大型の水槽を独占することもできないし、止むを得ないですね。 鮫にとっても自然に帰ることができてラッキーでした。 放される前にもう一度見に行っておけばよかった

shark shark shark

投稿者 ken : 2005年04月05日 23:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/225

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。