« 海南島 に ダイビング の 日中合弁会社 | メイン | デジカメ は 登録商標 »

2005年05月26日

体長2メートルの巨大マンボウ

manbou manbou manbou

12日に、沖縄・伊江島で、体長2メートル、体重300キロの巨大マンボウが捕獲されました。
写真を見ても、その大きさが分かりますね。
大人が5,6人は乗れそうな小型ボート並みですね。

一度、海で見てみたいものだ。

マンボウで、ググッたら、他の記事もヒットしたので、
メモ代わり書いておく。


琉球新報 5月13日
な~んと体長2メートルの巨大マンボウ
12日午後2時ごろ、伊江島の南約40キロの沖合で読谷村漁協所属の漁船「リキマル」(比嘉勉船長)がトローリングをしていたところ、体長2メートル近い巨大マンボウが仕掛けにかかった。読谷村都屋漁港までえい航し、帰港した同日午後6時すぎにクレーンを使って陸上に引き揚げた。

南日本新聞 4月17日
水族館横のマンボウ5匹入来浜に放流/赤潮受け
鹿児島湾沿岸に赤潮が発生、かごしま水族館は16日、水族館横の水路で飼育しているマンボウ5匹を引き上げ、吹上町入来浜で放流した。赤潮で水中の酸素が不足、窒息死する恐れがあるため。同館の荻野洸太郎館長は「海とつながる水族館として、水路での展示は意味もあるし、市民に喜ばれている。もう少し長く飼育したかったが」と残念そうだった。

毎日新聞 4月10日
鴨川シーワールド:初のスポットタグ付け、マンボウ2匹の回遊調査
鴨川市の鴨川シーワールドで9日、マンボウの回遊ルートなどを調べるため、マンボウ2匹にサテライトタグ(浮上式衛星通信型標識)とスポットタグ(衛星追跡発信機)を付けて鴨川沖に放流した。

共同通信 4月2日
巨大マンボウはく製に
鳥取県の境港に水揚げされた巨大マンボウをはく製にし観光の目玉にと、境港市が2日、加工する千葉県市川市の専門業者へ発送するため荷造りを行った。来春には完成し、境港市立「海とくらしの史料館」で展示する。

中国新聞 3月4日
マンボウ、1年ぶりにアクアスへ
浜田、江津市境の県立しまね海洋館アクアスの水槽に、一年ぶりユーモラスな姿のマンボウが仲間入りした。体長、体高とも約一メートルとやや小ぶり。サメやエイに交じって泳ぎ、見学者の目を楽しませている。

マンボウの仲間たち
マンボウはとても変わった形をしています。ふつうの魚には尾鰭がありますが、マンボウにはありません。そのためマンボウは体の後ろ半分が切り取られた魚のように見えます。

monbou ソフトウェア Aquazone マンボウとウミガメ
monbou どくとるマンボウ青春記 新潮文庫

投稿者 ken : 2005年05月26日 23:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/245

コメント

ヤリマンボウですかね。長い割には重さがそれほどでもないのかも。

投稿者 HOOP : 2005年05月31日 21:50

ヤリマンボウ?
マンボウにも種類があったのか。
「マンボウの仲間たち」を追記した。

投稿者 Ken : 2005年06月07日 13:33

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。