« 廃校 が ダイビングショップ に再生 | メイン | 情報セキュリティ人材育成 公開講座 »

2005年08月23日

ウミガメ 放流

ウミガメウミガメウミガメ

6月に ウミガメの上陸 で掲載したように、今年は各地で数年ぶりにウミガメの上陸が見られました。
そのウミガメが孵化し、各地で放流が行われたようです。
自然環境が環境が改善されてきた効果でしょうか。
自然の生き物と共存できるようになるといいですね。


朝日新聞 8月23日
大きくなります/ウミガメのベビー
土佐清水市下ノ加江の市立下ノ加江中学校(宮下哲男校長、生徒数43人)の生徒らが23日、アカウミガメの赤ちゃん計237匹を学校東側の下ノ加江浜と約4キロ離れた大岐海岸で放流した。同中の毎年の恒例行事で今年は初めて。

神戸新聞報 8月22日
ふ化した子ガメ海へ 明石に上陸のアカウミガメ
五年ぶりに明石に上陸し、林崎海岸(同市林崎町三)で産卵が確認されたアカウミガメの卵からふ化した子ガメが二十一日夜、地表に姿を現し、海へと旅立った。

朝日新聞 8月14日
ウミガメの赤ちゃん大海原に/串本で放流会
串本ウミガメを守る会(中尾勇代表)が12日夕、串本町の上浦海岸で今年初めての赤ちゃんガメ放流会を開いた。62匹が海に泳ぎ出る様子を、約200人の親子連れが見守った。

南日本新聞 8月11日
「帰ってこい吹上浜へ」 花田小児童らウミガメ放流
日置市吹上町田尻の花田小学校でアカウミガメ115匹がふ化し10日、近くの吹上浜に放流された。
同市吹上支所の呼びかけで帰省中の家族連れらも参加。よちよちと海に向かう子ガメを「元気に帰ってきてね」と温かく見送った。

紀伊民報 8月11日
ウミガメの赤ちゃん誕生
串本町の上浦海岸で9日夜と10日早朝の2度にわたり、アカウミガメの赤ちゃん計62匹が誕生した。串本海亀を守る会(中尾勇会長)が、6月10日に橋杭海水浴場で産卵した111個を、高波でも安全な同海岸の人工ふ化場に移していた。9日夜は近くの人らも見学に訪れ、感動的なシーンを目の当たりにし、歓声を上げていた。


マンボウとウミガメマンボウとウミガメ
Aquazone Visual Edition 水中庭園 10
イーフロンティア
ウミガメの赤ちゃんウミガメの赤ちゃん
おふろの電気消して!
ピープル
海太の夏海太の夏
ウミガメ通信
望月正子

投稿者 ken : 2005年08月23日 23:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/266

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。