« UPプログラム「在住外国人のためのIT講師養成講座」東京編その2 | メイン | パラオ 2日目 »

2006年02月15日

日本からパラオ

palau_map

2月15日(水)
5時半 起床
ちょっと、メールをチェックする

6時20分 自宅を出る

7時10分 戸塚駅 発。
NEX9号。
横浜駅から八分の込み具合、東京駅からは満席になった。
車中で軽食を取る。おにぎり、サンドイッチ。

9時 空港第2ビル駅 着
チケットを受け取る。
荷物検査には、50名ぐらいの行列が出来ていた。
ダイビング機材と思われる荷物を持っている人もいる。
平日に出かけるなんてどういう人達だと、自分のことは差し置いて、思う。
荷物は開封検査をしているようで、進みが遅い。
20分ほど待ち、荷物検査を受ける。
1つ23Kg制限なので、スーツケースとスポーツバックとデイパックに3つに分散してきた。
スポーツバックだけ開封検査を受ける。

チェックインカウンタに並んでいた同行者のSMさんに追いつく。
一緒に搭乗手続きをする。
スーツケースが21kgだった。
帰りはもう少しスポーツバックに荷物を移さないといけないなぁと思う。

旅行保険に入る。
傷害死亡・治療、疾病死亡・治療障害で 2,720円。
すでに米ドルには換金済み。1ドル120円のレートだった。

手荷物検査と出国審査を受ける。
待合ゲートで同行者全員(MH,HN,EM,KR,SM)と合流する。
初対面のKRさんと挨拶。

11時 成田空港 発。
コンチネンタル962便。
機内は満席だった。ほとんどが日本人。
グアムまで3時間半の飛行。

レジェンド・オブ・ゾロ

機内で映画「レジェンド・オブ・ゾロ」を観る。
典型的な勧善懲悪のアクションもの。
ゾロ役のアントニオ・バンデラスは格好いいが少々お年が感じられる。
妻役のキャサリン・ゼタ・ジョーンズは美人だし勝気な役がうまい。

15時半(日本時間 14時半) グアム空港 着
入国審査で、指紋と顔写真を取られる。
トランジット・カウンタ(といっても仮設の机1つ)で名簿とチケットを照合される。
デイパックからパソコンを取り出し、手荷物検査を受けるが、ひっかかる。
デイパックの中身を全て出して、再検査を受ける。
たぶん、パソコンの電源だろう。
グアムは出国審査はないので、これで手続きは終わり。
グアムの滞在時間は10分ほどか。

ビール

空港中の軽食エリアで、3時間ほどひたすら待つ
ビール 5ドル×2杯
チキン・ステック 2ドル50セント
フレンチフライ 2ドル50セント
免税店でウイスキーを買う。
高い酒しか置いていないかった。
「バレンタイン12年」 33ドル。

19時半(日本時間 18時半) グアム空港 発。
コンチネンタル953便。
機内は満席だった。日本人は2/3くらいか。
パラオまで2時間の飛行。

凍れる森

小説「凍れる森」を読む。
ワイオミング州の猟区管理官(下級公務員)が主人公。
冒頭 さっそく不可思議な殺人が起こる。

20時半(日本時間と同じ) パラオ空港 着。
入国審査と税関を、何事も無く、通過する。
現地代理店「R&C Tours」の出迎えを受ける

palasia

21時半 パレイシア・ホテル 着。
SMさんと同室。
荷ほどきし、ダイビング機材を準備する。

ToToTo

22時半 夕食。
3人(MH,SM,私)で、ホテルからブラブラ歩きながら、どこにしようかと店を探す。
徒歩10分ほどにあった 居酒屋 ToToTo(魚魚魚) にする。
野菜炒め、焼きそば、焼きサカナを頼む。
味はいまひとつ。
フレーズン・ダイキリはダイキリの中にクラッシュ・アイスが入っている。
これではカキ氷だ。

帰りにスーパーで水を買う。
1本50セント。
ホテルの備え付けだと1本1ドル。多少だが節約 (^o^)

23時半 消灯。


PALAU BluePALAU Blue

投稿者 ken : 2006年02月15日 23:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/290

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。