« パラオ 2日目 | メイン | パラオ 4日目 »

2006年02月17日

パラオ 3日目

2月17日(金)

8時 起床

朝食

ホテルで朝食
おかゆ、ソーセージ、スパニッシュオムレツ、スイカ、オレンジ、オレンジジュース
JALの直行便で今朝4時に到着したKJさんに会う。

yokoterue

9時 ピックアップ
9時50分 ダイビング・サービス 出発
PPR (Palau Pacific Resort) で2人 ピックアップする。
ガイド 陽子さん、テルエさん
ゲスト 12人
昨日の8人(MH,HN,SM,私,US,ST,FR,TK) に4人(KR,KJ,PPRのOG,YN)が加わった。
昨日より一回り大きなボート。
1時間ほどの道中は大雨だった。
ボートコートを着ていても、その上から雨が叩きつけて、肌が痛い。
さらに、ボートコートの袖から雨が入り、Tシャツが濡れて、寒い。

ジャーマンチャネル

マンタタカサゴケショウフグ
マンタ (動画)タカサゴケショウフグ

1本目 ジャーマンチャネル
10時54分-11時56分 60分間
平均13.4m 最大20.2m 水温27.3℃

KRさんは経験本数が10数本なので、テルエさんが専属のガイドになる。
やや流れあり 水面はニゴニゴだ。
水中は透明度は15mくらい。
ガイドロープ沿いに潜降し水深10mで集合する。
砂地にヒメジ数匹。
マンタ・ステーションへ移動する。
すでに マンタ がマンタ・ステーションの上を周遊していた。
15分ほどマンタの周遊に見惚れる。
マンタがいなくなったので、移動しかけるが、すぐに別のマンタが来た。
そのマンタをしばらく見てから移動する。
移動中もマンタを3枚ほど見る。
タカサゴの群れ、ウメイロモドキの群れ
ホンソメワケベラがハタをクリーニングしていた。
風船状のタマイタダキイソギンチャクにハナビラクマノミ。
砂地にダテハゼとエビの共生。
ケショウフグ、ニシキヤッコ、、モンガラカワハギ
オニハタタテダイ、オウギチョウチョウウオ、フエヤッコダイ

ボートBBQ

12時10分 昼食
近くの島ロングビーチに上陸する
屋根付きの大きな小屋があり、BBQ用立ちカマドまである。
今日は牛肉のBBQ。
別のボートからもらったカツオの刺身。
隣の立ちカマドで料理しているグループから貰ったチキンのBBQ。
ロングビーチの浅瀬を少し歩く。
韓国系や中国系などの観光客が50名ほどいた。

ブルーコーナー

カンムリブダイメガネモチノウオバラクーダー
カンムリブダイ
(バッファロー)
メガネモチノウオ
(ナポレオン)
バラクーダー

2本目 ブルーコーナー
13時45分-14時39分 54分間
平均13.8m 最大24.8m 水温27.7℃
DECO 3m2分
雨が止み、太陽が顔を出す。
透明度30m。
水深10mに集合する。
ドロップオフを水深15mで移動する。
ギンガメアジの群れ、マダラタルミの群れ
チョウチョウコショウダイ、イッテンフエダイ
水深15mのサンゴ棚の上で、カレントフックをかけて、サナカを見る。
かなり流れがあり、エアーが斜めに上がる。
KRさんがテルエさんにタンクを掴まれて吹流し状態になっていた。
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、グレイリーフシャーク
風船状のタマイタダキイソギンチャクにハナビラクマノミ
クマノミ
さらに前に出て、サナカを見る。
1mくらいの カンムリブダイ(バッファロー)
1mくらい メガネモチノウオ(ナポレオン)
バラクーダーの群れ、カスミチョウチョウウオの群れ
浮上際に、オニカマスの群れ

帰りも大雨だった。
1時間ほど雨・風に打たれる。

16時半 ダイビング・サービス 着
いったん、2本で終わる人を下ろす。
15分ほどボートで移動する。

ニシキテグリギンガハゼマンジュウイシモチ
ニシキテグリ (動画)ギンガハゼマンジュウイシモチ

3本目 マリンレイク
16時46分-17時51分 61分間
平均2.1m 最大5.3m 28.5℃
曇り
ちょっと奥まった入り江。
最大水深6mほど。
タコクラゲ、ミスジリュウキュウスズメダイ
水深2mほどのガレ場で、5cmほどの黄色の ギンガハゼ
水深3mほどのサンゴの間に ニシキテグリ 数匹。
全く人を恐れない様子で、全身を出して泳いでいた。
サンゴの中に マンジュウイシモチ

18時10分 ダイビング・サービス 着

18時半 ホテル
なぜか部屋のドアが開かない。
フロントに行って、マスターキーで開けてもらう。
バッテリー切れと言っていた。
シャワーを浴る。
デジカメのデータをパソコンにバックアップする。
デジカメの電池を充電する。

美人魚マングローブ・ガニシャコガイ

19時半 夕食
ガイドの陽子さんに7人(MH,HN,EM,KR,SM,KJ,私)をピックアップしてもらい、
同じボートのメンバー(US,ST,FR,TK) と中華料理屋 美人魚 へ。
ここの日本語メニューは陽子さんが作成したそうだ。
HNさんが200本目なので乾杯し、ログにサインをする。
20ドルのコース料理。
茹でたマングローブ・ガニやシャコガイの炒め物など10数品。
ビールのジョキ生×2杯。8ドル
品数も多く、美味で、大満足。

帰りにスーパーに寄って、水4本を買う。
1ドル60セント。

22時 ホテル
パソコンでログ兼日記を書く

23時 消灯


パラオ海中ガイドブックパラオ海中ガイドブック
佐藤良一

投稿者 ken : 2006年02月17日 23:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/292

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。