« パラオ 6日目 | メイン | 千葉の砂浜にイルカ70頭 »

2006年02月21日

パラオから日本へ

2月21日(火)

0時(真夜中) ホテルをチェックアウト
0時15分 ピックアップ
旅行代理店の人から預けていた帰りのチケットを返してもらう。

コンチネンタルJALFar Eastern

0時半 パラオ空港
荷物検査を受ける。
ダイビング機材と思われる大きな荷物の人は素通しだが、
観光客風の小さいなバッグの人は開封検査をされていた。

検査を待つ間、航空会社の看板が6社ほどあるのに気づく。
コンチネンタル、JALの他に、たしか台湾便とフィリピン便があったな。
あとは、どこだろうか。

チェックインカウンタで成田空港まで荷物を預ける。
荷物の重量を気にしている様子はなかった。
スーツケースとスポーツバックとデイパックに3つに分散してきたのだから、
ちゃんと計って欲しかったぞ。
パラオ-グアム間のチケットを貰う。

空港使用税 20ドルを払う。
ここでグアム-成田間のチケットを貰うが、
係員に届いていなかったようで、しばし待たされる。

搭乗1時間前にならないと出国検査が開かないということで、
ロビーの片隅で30分ほど待つ。
緑茶を買うと、これが甘い。
紅茶に砂糖を入れる感覚だろうが、違和感があるぞ。
JAL便が到着し、日本人客が降りてきて、ロビーが活気づく。

タロ芋焼酎ワインクッキー

1時半 出国検査を受け中へ
パラオの特産品などを見て時間をつぶす。
タロ芋焼酎は現地生産と思われるが、
ワインはブドウが獲れるとも醸造所があるとも思えずかなりあやしい。
クッキーはカヤックツアーの インパック社 が製造しているもので、
カヤックツアーのお土産で貰った。

2時半 パラオ空港 発
コンチネンタル954便。
機内は満席だった。日本人は2/3くらいか。
グアムまで2時間の飛行。
乗務員が入国書類を配る。
旅行代理店より緑の書類を貰っていたが、
緑(OMB 1115-0148)は入国で、トランジットは白(OMB 1115-00077)だとのこと。

5時半(日本時間 4時半) グアム空港 着
入国審査を受け、グアムへ仮入国。
手荷物検査は、グアムから出国者で長蛇の列だったが、
トランジットは別口なので10人程度だった。
デイパックから、パソコンと電源を出して、検査を受ける。
グアムは出国審査はないので、これで手続きは終わり。
グアムの滞在時間は10分ほどか。

空港中の軽食エリアで、1時間ほど待つ
特にお腹も減っていないので、何も食べず。

7時半(日本時間 6時半) グアム空港 発
コンチネンタル961便。
機内は満席だった。ほとんどが日本人。
成田まで3時間半の飛行。
しばらくして、朝食が配られる。さほど食欲もないが、食べておく。
面白そうな機内映画もないので、後は寝て過ごす。

10時 成田空港 着。
入国審査と税関を、何事も無く、通過する。
同行者(MH,HN,EM,KR,SM)とは、ここで、お別れする。
地下のコンビニで、オニギリとお茶と週刊誌を買う。

11時20分 空港第2ビル駅 発
NEX14号。半分程度の乗車率。

13時 戸塚駅 着。

13時半 帰宅。
昨日のカヤックツアーで濡れたままのTシャツなどを洗濯する。

しばく仮眠のつもりが熟睡してしまった。
起きるとすっかり暗くなっていた。
TVを見ると、トリノオリンピック では日本のメダルはまだ無い様子。
来週あたりからJOCの責任問題が話題になるのだろうか。

投稿者 ken : 2006年02月21日 23:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/297

このリストは、次のエントリーを参照しています: パラオから日本へ:

» ミクロネシア・パラオ(2/15-21) from エフダイビング(FDIVING)
【沖縄の島々】 Kenさんが2月のパラオでのダイビングのレポートをアップしてくださいました。天気もよくて楽しかったみたいですよ(^_^) 2月のパラオ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 07:04

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。