« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月27日

くちぱく ビデオ

lipsync lipsynclipsync
lipsynclipsynclipsync

インターネットで「くちぱく」ビデオが流行っているらしい。

「学校へ行こう!MAX」 で紹介されていたので、調べてみた。

「くちぱく」ビデオは自己陶酔というか自己表現の1つだと思う。
しょうない奴が多いが、
見るものを意識した作品はなかなか面白い。
中国人の間では「Backstreet Boys」が人気のようだ
ちなみに「くちぱく」は英語では「lip sync」というようです。


lipsync

この二人が火付け役のようです。


パソコン活用コダマシステムズ 2006年01月15日
Google Video Backstreet Boys 口パク
Google Videoでbackstreet もしくはbsbというキーワードで検索したものも一部です。口パクは、「ろぱく」ではなく「くちぱく」です。

Crunchy::log 2006年05月19日
はやり物
バックストリート・ボーイズのくちぱくをしているチャイニーズの少年たち


Backstreet BoysDVD グレイテスト・ヴィデオ・ヒッツ チャプター・ワン
Backstreet Boys
Backstreet BoysCD ネヴァー・ゴーン
Backstreet Boys
Backstreet Boysピアノ弾き語り
Backstreet Boys

投稿者 ken : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月23日

ワールドカップ 対ブラジル戦

worldcupworldcupworldcup

1対4で敗れる。
圧倒的な力の差を感じさせる試合であった。

前半 1対1
ブラジルが押し気味の中、日本の守備が堅く、得点に結びつかず。
34分、日本の速攻で、三都主のパス、玉田がゴール。
45分、一瞬の隙をつかれ、ロナウドがヘッデイングでゴール。

前半 0対3
終始 ブラジルのペースで試合が進行する
8分、ジュニーニョの突き刺さるようなミドルシートでゴール。
14分、ジウベルドが速攻から狙いすましたシュートでゴール。
36分、ロナウドがパス回しからミドルシュートでゴール。
38分、ブラジルはゴールキーパーを交代し、練習試合にされる。

これで、予選敗退となった。

日経新聞 6月23日
日本、1次リーグ敗退・ブラジルに完敗
サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会で1次リーグF組の日本は22日夜(日本時間23日早朝)、ドルトムントW杯競技場で前回大会優勝のブラジルと対戦、1―4で敗れて、決勝トーナメント進出を逃した。
日本が2大会連続で決勝トーナメントに進出するには、最低でもブラジルに2点差で勝利することが必要。日本は34分、玉田のゴールで先制したが、前半終了間際にロナウドのヘディングシュートで追いつかれた。後半はブラジルの多彩な攻めの前に3点を失い、完敗した。

日経新聞 6月23日
日本―ブラジル、1-1で前半終了
サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグF組の日本―ブラジルは、ブラジルが前半終了直前、1―1の同点に追いついた。日本は玉田(名古屋)が前半34分、左足で先制点を挙げたが、ロナウドに頭で決められた。同じF組のクロアチア―オーストラリア戦も前半を終わって1-1の同点。

投稿者 ken : 06:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月19日

ワールドカップ 対クロアチア戦

worldcup

無得点で、引き分け。

前半。
日本、クロアチアとも積極的な攻撃が続いたが、無得点のまま、終了。
4分に、日本のフリーキックとなり、幸先の良い出だし。
20分に、クロアチアのPKとなる。スルナのシュートを川口が防ぐ。
イレギラーしたボールを川口が取りこぼし、あわや自殺点か、ヒヤリとする。

後半。
日本、クロアチアとも疲れが出ながらも、
ボールの支配がころころ変わる、激しい攻防が続いた。
何度かゴール前を脅かしたが、得点に結びつかず。

日経新聞 6月18日
サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は18日、日本が当地のフランケン競技場でクロアチアと対戦、前半を0―0で折り返した。
12日の初戦でオーストラリアに1―3と逆転負けした日本は、より攻撃的な4バックの布陣で臨んだ。22分には宮本(G大阪)のファウルで相手にPKを与えたが、GK川口(磐田)が止めた。

投稿者 ken : 00:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月12日

ワールドカップ 対オーストラリア戦

worldcup worldcup

1:3で敗れる

前半。
オーストラリアに終始 押されぎみであったが、キーパー川口がよくしのいだ。
中村がゴール前にあげたボールが、両チーム選手の上を通過し、そのままゴールとなった。

後半。
日本に何度かチャンスがあったが、活かしきれず。
オーストラリアの猛攻に、守りきれず、
ケニーヒから2失点、アロウィーンから1失点。

日本の攻撃・守備とも悪くなかっただけに、残念な結果であった。


日経新聞 6月12日
日本、豪州に1―3で逆転負け・W杯
ジーコ・ジャパンは逆転負け――。サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会第4日の12日、日本はオーストラリアとの初戦、中村の先制ゴールで1―0とリードして前半を折り返したが、後半に足が止まったところで3点を献上、思わぬ大敗を喫した。

日経新聞 6月12日
日本、中村が先制ゴール・W杯豪州戦
サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグF組のオーストラリア―日本は前半、日本が先制点を挙げた。前半26分に中村が右から浮き球クロス。ゴール前で競り合う両チーム選手の上を通過し、そのままゴールに吸い込まれた。

投稿者 ken : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月10日

梅雨の語源

tuyutuyu

6月9日に、関東甲信地区が梅雨入りしたようです。
傘を手放せない日々が続きますね。

ところで、「梅雨」は、日本列島に特有の気象現象であり、日本語だと思ってました。
中国の長江下流域および韓国の南部でも、見られるようです。

その語源は、諸説あるようですが、
「梅の実が熟する頃に降る長雨」という説が有力です。

明の時代の中国で生まれた言葉で、
中国語では「メイユー」と読むようです。

「梅雨」を素直に読むと「ばいう」となりますが、
これを「つゆ」と読むのは江戸時代からだそうです。

「ばいう」が「黴雨」を連想させるのでこれを嫌ったという説や、
元々「つゆ」という日本語がありこれに「梅雨」を当てたという説があるようです。

なんにせよ。
この時期は1年で1番 憂鬱な季節ですね。


読売新聞 6月9日
関東甲信、東北南部が梅雨入り
気象庁は9日午前、関東甲信地方から東北南部にかけて、「梅雨入りしたとみられる」と発表した。

日経新聞 6月9日
関東地方が梅雨入り、平年並み
気象庁は9日、関東甲信と東北南部が梅雨入りしたとみられると発表した。

TBS 森田さんのお天気ですか
梅雨って何で梅の雨って書くんですか?
「梅雨」という言葉は、中国から伝わったものなんですよ。
江戸時代になってから、日本でも梅雨と呼ばれるようになったそうです。

語源由来辞典
梅雨とは、六月から七月中旬にかけて、朝鮮南部・長江下流域から、北海道を除く日本列島に見られる雨期。
梅雨は、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになった。

食の指導タイム
6月から7月にかけての初夏の長雨を「ツユ」と呼び、漢字では「梅雨」と書きます。
そもそもは、「バイウ」で、中国から伝わってきた言葉です。
中国は揚子江流域で、梅の実が熟す時期に雨期があり、それを梅雨と呼んでいます。


梅雨の日の追憶梅雨の日の追憶
松野 捷夫
折りたたみ傘折りたたみ傘
Knirps FiberLine X1
除湿機除湿機 TSI-DH6

投稿者 ken : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月09日

ワールドカップ 開幕

worldcup worldcupworldcup

6月9日、ドイツでワールドカップが開幕した。
バイエルン地方の民族衣装のよるダンス、
現在ドイツの人気ロックグループによる演奏、
歴代の優勝国の当時の代表選手の行進、
などが行われた。
TVで見てましたが、映像は面白かったが、音響は今ひとつだったなぁ。

私の世代では、ドイツの代表的な選手といえば、皇帝ベッケンバウアーですが、
今はドイツサッカー協会の会長なんですね。
ケーラー・ドイツ大統領の開会宣言のときに、
ブラッター FIFA会長と並んで、開会宣言に出てました。

ベッケンバウアーといえば、
今 放映さているアディダスのCMも、なかなかいいですね。


TV 地上波 放映予定
6/09(金)23:00 TBS 開幕式
6/12(月) 21:50 NHK 「日本×オーストラリア」
6/18(日) 21:35 TV朝日「日本×クロアチア」
6/23(金) 03:30 NHK 「日本×ブラジル」


FIFA ワールドカップ 公式サイト

アディダスのCM


ドイツへ行こうドイツへ行こう
2006ワールドカップ観戦ハンドブック
FIFAワールドカップ歴代大会全記録FIFAワールドカップ歴代大会全記録
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP
VOICESVOICES
2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム

投稿者 ken : 23:55 | コメント (0) | トラックバック