« 梅雨の語源 | メイン | ワールドカップ 対クロアチア戦 »

2006年06月12日

ワールドカップ 対オーストラリア戦

worldcup worldcup

1:3で敗れる

前半。
オーストラリアに終始 押されぎみであったが、キーパー川口がよくしのいだ。
中村がゴール前にあげたボールが、両チーム選手の上を通過し、そのままゴールとなった。

後半。
日本に何度かチャンスがあったが、活かしきれず。
オーストラリアの猛攻に、守りきれず、
ケニーヒから2失点、アロウィーンから1失点。

日本の攻撃・守備とも悪くなかっただけに、残念な結果であった。


日経新聞 6月12日
日本、豪州に1―3で逆転負け・W杯
ジーコ・ジャパンは逆転負け――。サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会第4日の12日、日本はオーストラリアとの初戦、中村の先制ゴールで1―0とリードして前半を折り返したが、後半に足が止まったところで3点を献上、思わぬ大敗を喫した。

日経新聞 6月12日
日本、中村が先制ゴール・W杯豪州戦
サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグF組のオーストラリア―日本は前半、日本が先制点を挙げた。前半26分に中村が右から浮き球クロス。ゴール前で競り合う両チーム選手の上を通過し、そのままゴールに吸い込まれた。

投稿者 ken : 2006年06月12日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/310

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。