« ワールドカップ 対オーストラリア戦 | メイン | ワールドカップ 対ブラジル戦 »

2006年06月19日

ワールドカップ 対クロアチア戦

worldcup

無得点で、引き分け。

前半。
日本、クロアチアとも積極的な攻撃が続いたが、無得点のまま、終了。
4分に、日本のフリーキックとなり、幸先の良い出だし。
20分に、クロアチアのPKとなる。スルナのシュートを川口が防ぐ。
イレギラーしたボールを川口が取りこぼし、あわや自殺点か、ヒヤリとする。

後半。
日本、クロアチアとも疲れが出ながらも、
ボールの支配がころころ変わる、激しい攻防が続いた。
何度かゴール前を脅かしたが、得点に結びつかず。

日経新聞 6月18日
サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は18日、日本が当地のフランケン競技場でクロアチアと対戦、前半を0―0で折り返した。
12日の初戦でオーストラリアに1―3と逆転負けした日本は、より攻撃的な4バックの布陣で臨んだ。22分には宮本(G大阪)のファウルで相手にPKを与えたが、GK川口(磐田)が止めた。

投稿者 ken : 2006年06月19日 00:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/312

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。