« ワールドカップ 対クロアチア戦 | メイン | くちぱく ビデオ »

2006年06月23日

ワールドカップ 対ブラジル戦

worldcupworldcupworldcup

1対4で敗れる。
圧倒的な力の差を感じさせる試合であった。

前半 1対1
ブラジルが押し気味の中、日本の守備が堅く、得点に結びつかず。
34分、日本の速攻で、三都主のパス、玉田がゴール。
45分、一瞬の隙をつかれ、ロナウドがヘッデイングでゴール。

前半 0対3
終始 ブラジルのペースで試合が進行する
8分、ジュニーニョの突き刺さるようなミドルシートでゴール。
14分、ジウベルドが速攻から狙いすましたシュートでゴール。
36分、ロナウドがパス回しからミドルシュートでゴール。
38分、ブラジルはゴールキーパーを交代し、練習試合にされる。

これで、予選敗退となった。

日経新聞 6月23日
日本、1次リーグ敗退・ブラジルに完敗
サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会で1次リーグF組の日本は22日夜(日本時間23日早朝)、ドルトムントW杯競技場で前回大会優勝のブラジルと対戦、1―4で敗れて、決勝トーナメント進出を逃した。
日本が2大会連続で決勝トーナメントに進出するには、最低でもブラジルに2点差で勝利することが必要。日本は34分、玉田のゴールで先制したが、前半終了間際にロナウドのヘディングシュートで追いつかれた。後半はブラジルの多彩な攻めの前に3点を失い、完敗した。

日経新聞 6月23日
日本―ブラジル、1-1で前半終了
サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグF組の日本―ブラジルは、ブラジルが前半終了直前、1―1の同点に追いついた。日本は玉田(名古屋)が前半34分、左足で先制点を挙げたが、ロナウドに頭で決められた。同じF組のクロアチア―オーストラリア戦も前半を終わって1-1の同点。

投稿者 ken : 2006年06月23日 06:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ohwada.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/313

コメント

コメントしてください




保存しますか?


コメントスパム対策のため、「確認」ボタンを押してから、「投稿」してください。