« 2006年06月 | メイン | 2006年12月 »

2006年07月29日

海遊館 で 結婚式

大阪の海遊館で結婚式があったそうです。
でも、結婚10年以上じゃ、初々しさに欠けるような

新聞に載るくらいだから特別なイベントなのかと思ったら、
普通に結婚式場として使えるようですね。


朝日新聞 7月29日
マンタやジンベイザメが祝福? 海遊館で結婚式 大阪
大阪市港区の海遊館で29日、マンタやジンベイザメなどが泳ぐ巨大水槽の前で「結婚式」があった。挙式したのは大阪府東大阪市の会社員玉西伸行さん(38)と麻記さん(37)夫妻。2人は93年に結婚しているが、同館のイベントに募集、「魚に見守られた結婚式がしたい」という願いがかなった。

産経新聞 7月29日
水族館で結婚式! 「海遊館」があなたのお願い叶えます
大阪市港区の「海遊館」で29日、結婚式が行われ、“新郎新婦”が魚たちに見守られながら、永遠の愛を誓った。海遊館では今年の正月、来館者に「イルカと一緒に泳ぎたい」などの願い事を記入してもらい、6436件の応募の中から抽選で15人に願いをかなえるイベントを実施。結婚式もこの一環として行われた。

海遊館
やはり挙式会場では,「海遊館VIPルーム」が一番人気。このVIPルームは海遊館にお越しになった国賓のお客様などがお休みの場所として利用する特別なお部屋。挙式は、ジンベエザメをはじめ 1,500点の魚たちの泳ぐ大水槽が目の前に広がる幻想的な雰囲気の中で執り行います。


全国水族館ガイド全国水族館ガイド
中村 元
水族館の通になるe水族館の通になる
年間3千万人を魅了する楽園の謎
中村 元

投稿者 ken : 21:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月28日

アクアート

アクアート アクアートアクアート

島根・隠岐の海中に芸術作品を展示する「アクアート」が行われるそうです。


読売新聞 7月28日
海中アート、幻想的に…島根・隠岐の「アクアート」
日本海の海中に造形作品を展示する「アクアート2006 in NISHINOSHIMA」が、29日から島根県西ノ島町(隠岐諸島)の外浜海水浴場で始まる。造形作家や地元の有志らの8作品が楽しめる。8月2日まで

毎日新聞 7月28日
アクアート2006:あすから開催 住民ら海水浴場を一斉清掃--西ノ島町 /島根
海中にアート作品を展示する「アクアート2006」が29日から西ノ島町で開かれるのを前に、会場となる同町美田の外浜海水浴場で地元住民や児童らによる一斉清掃があった。

マップルネット 7月13日
海中で幻想的に揺らめくアート
水中に作品を展示するユニークなアクアートの展覧会が行われる。
今年は水中の作品に加え、海水浴場の水面や波打ち際、砂浜、公民館内にも作品を展示し、自然のすばらしさとアートの楽しさを感じるイベントとなっている。

アクアートとは
隠岐島(島根県西ノ島町)の海、水中に作品を展示する展覧会です。
その「なにか」をかたちにし、その作品を海の中で展開することにより、
「別世界における新たなアートの可能性」を広げる試みを実現します。


ありがとう「ありがとう」は祈りの言葉
隠岐の離島に生きる幸齢者たち
柴田 久美子
隠岐の民謡伴奏集隠岐の民謡伴奏集
ととあわせととあわせ 隠岐・出雲・石見
北星社

投稿者 ken : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月20日

水中 の 七夕

昨年の 水中の七夕祭り に続き、今年も集めてみた。



記憶に残す 7月17日
7月17日、海の日。
今日は日本海側では大荒れの天気だったようですが、
僕の住む和歌山県は、曇ったり、晴れたり、ポツポツと雨が降ったり、
はっきりしない天気でしたが、まずまずの天気でした。


バディ・バディ 7月7日
水中七夕
白崎の「シャクシの浜」に水中七夕があります。
みなさんはもう、行かれましたか?


新潟県庁 7月6日
海の中の七夕まつり・・・?実は、佐渡スキューバーダイビング協会主催の水中七夕まつりのことなのです。平成2年から開催され、今年で17回目をむかえたこのイベント。7月1日は北小浦、7月2日は琴浦で、2日間にわたり行われました。


静岡子育てニュース 7月4日
浜松市舞阪町弁天島の浜名湖体験学習施設・ウォットが、
七夕にちなんだ期間限定企画「水中テレビトーキング あなたの夢をかなえます」を開いています。
ヘルメットの内側にマイクとイヤホン、脇に小型CCDカメラを装着した学芸員が
水量120トンの大水槽にもぐり、餌を与える様子を大型マルチビジョンに映しながら解説します。
ネコザメやスズキなど大型魚が餌を食べる瞬間の迫力映像を見ることができます。
水中の学芸員から七夕クイズが出題され、観客から質問もできるそうです

毎日新聞 6月14日
「水中テレビトーキング あなたの夢をかなえます」
◇七夕にちなむ企画--浜名湖体験学習施設・ウォット
浜名湖や遠州灘に生息する約150種300匹の魚介類を展示している浜松市舞阪町弁天島の浜名湖体験学習施設・ウォットが、七夕にちなんだ期間限定企画「水中テレビトーキング あなたの夢をかなえます」を開いている。


潜と写と 7月7日
シモフリタナバタウオ(Comet):タチバナウオ科。漢字では「霜降七夕魚」。7月7日七夕なので、名前に「七夕」が入っているこのシモフリタナバタウオを掲載してみました。


サンシャイン国際水族館
2006年6月15日(木)~7月7日(金)の七夕期間限定企画として、水槽の中に笹を飾って実施する七夕バージョンの餌付けショー『水中七夕餌付けショー』を公開するとともに、七夕にちなんだ生き物を展示する『七夕水槽』を展示いたします。都会では美しい天の川を見られることが少なくなってきている今、サンシャイン国際水族館で水中の星に願いをかけてみてはいかがでしょうか。

浜名湖体験学習施設 ウォット



七夕夜想曲七夕夜想曲
村下孝蔵
七夕の夜、君に逢いたい七夕の夜、君に逢いたい
Chappie
七夕と相撲の古代史七夕と相撲の古代史
平林 章仁

投稿者 ken : 23:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月15日

トラックバック・スパム

この一ヶ月くらいの間に、日に100件を超える トラックバック・スパムやコメント・スパムを受けようになりました。
手作業でスパムを消していたが。
あまりの量が多く、うんざりしてきた。
そこで、しばらく、トラックバックとコメントの受付を停止します。


itmedia 2005年12月
ブログにスパムの悪夢再び 抜本的対策なく
トラックバックスパム被害が深刻化し、サービスに遅延が生じる実害も出てきた。対策しようにも抜本的な解決策はないのが現状。スパムに汚染され尽くしたメールと同じ道をたどる前に、業界全体の取り組みを促す声もある。


ネット限定恋愛革命ネット限定恋愛革命 スパムメール大賞
サエキ けんぞう

SPAMの撃退SPAMの撃退
Sendmail,Procmailの設定とメールフィルタリング
最新ネットワーク技術ハンドブック

投稿者 ken : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月10日

ワールドカップ イタリア優勝

worldcup worldcup worldcup

激しい死闘の末、PKまでもつれこみ、イタリアが優勝した。

前半 1対1
攻守とも素晴らしい展開。
7分 フランスのジダンがペナルティキックから上部のバーを直撃してゴール。
19分 イタリアのコーナーキックからマセラティがヘッディングでゴール。

後半 0対0
両チームともチャンスを活かせず。
16分 イタリアのミドルシュートからのロッシのへッディングでゴール。
と思ったら、オフサイドになった。

延長前半 0対0
両チームとも疲れをみせす激しい攻防となったが、チャンスを活かせず。
10分 ジダンのへッディングを、ブッフォンがパンチングで防ぐ。

延長後半 0対0
両チームとも激しい競り合いが続くが、プレーが多少荒くなる。
7分 フランスのジダンがイタリア選手に頭突きをする危険行為で退場。

PK イタリア5 対 フランス3
フランスのトレセゲがクロスバーを直撃するが外す。
他の選手はゴール成功。


トップレベルの試合は素晴らしかったです。
攻守がきびきびしており、プレーに無駄がない。
鉄壁ともいえる堅い守り。
その守りの一瞬のすきをついてのゴール。
疲れを見せず、延長戦での激しい攻防。
プレシャの中、PKを決める技術と精神力。
素晴らしいプレーの連続でした。

日本とは大人と子供くらいの違いがあるように感じました。

ジダンは、
重要な場面できちんと得点するほど快調な状態なのに、
大会を終わると引退してしまうのは、残念ですね。

日経新聞 7月10日
イタリアが優勝、PK戦でフランス下す・W杯
サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会最終日は9日夜(日本時間10日未明)、ベルリンの五輪スタジアムで決勝のイタリア-フランス戦を行った。試合は前半に1点ずつ取り合った後、15分ハーフ計30分の延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入。イタリアが5対3でこれを制し、1982年以来4度目の優勝を決めた。

日経新聞 7月10日
フランスが先制、イタリア追いつく・W杯決勝前半
サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会最終日は9日夜(日本時間10日未明)、ベルリンの五輪スタジアムでイタリアとフランスの決勝戦が始まった。前半を終わって1-1の同点。

投稿者 ken : 06:12 | コメント (0) | トラックバック